バストアップ

恋の力で魅力的にバストアップ!いつもときめく気持ちを大切に

毎日バストをマッサージしたり、バストアップに最適な食材から栄養を摂ったり、バストアップ方法には非常に様々なものがありますが、精神的な面を大切にすることでバストアップに繋げていくことも可能です。マッサージや食事などにも、もちろんバストアップ効果は期待できます。

女性ホルモンの分泌を高めていく効果があるので、毎日お風呂に入ってマッサージをするとか、バストアップ効果のある食材を毎日食べるようにするといった心がけも大事なのですが、精神的な面から見てみると、女性は恋をすることで女性ホルモンの分泌を増やしていくことができる、と考えられています。

皆さんは今、恋をしていますか?恋人がいる・いないよりも、好きな人や憧れの人がいて、その人を思うと胸がドキドキしてときめく、といった気持ちになることが女性ホルモンの活性化へ繋がるとされています。

例え恋人がいても、仲違いしてしまっている、最近愛情が冷めてきてしまっている、といったような場合は、反対に女性ホルモンの分泌力を低下させてしまうことに繋がってしまうので、バストアップには逆効果です。心から良い恋愛をしていることが条件なので、ストレスが溜まるような恋愛をしている人は早めに手を打っておいた方が良いでしょう。

なので、どちらかと言えば片想いをしている人がいるとか、憧れている人がいる、といった方が女性ホルモンが高まりやすいと考えられています。恋をする気持ちが大切なので、今現在好きな人がいるという皆さんは、その気持ちを大切にしてください。好きな人を思うと胸がときめく、その気持ちこそが女性ホルモンを活性化させる力になります。皆さんも恋の力でバストアップしていきましょう。

また、好きな人を思ってときめくだけではなく、触れ合ったりキスをしたりといったコミュニケーションにも、女性ホルモンの分泌を増やしていく効果があります。好きな人とのセックスで胸を揉んでもらうことなどは、乳腺を刺激しながら女性ホルモンを活性化させることができるので、特にバストアップ効果が期待できると考えられています。
(⇒好きな人にマッサージしてもらうことも効果的

一般的にセックスは女性ホルモンの分泌を活発にしていくことができるとされていることから、セックスをすればバストが大きくなる、と考えている人も多いようです。しかし、女性ホルモンが活性化させるのは、あくまでも好きな人との充実したセックスです。男性優位のセックスや好きでもない人でのセックスでは女性ホルモンの分泌が増えるどころか、低下してしまうこともあります。

女性ホルモンを活性化させるためには、皆さん自身の心も身体も充実するセックスをすることが効果的となっていますので、ただ単に誰でも良いからセックスをすれば良い、というわけではないことをよく覚えておきましょう。セックスをすることも大事ですが、やはり精神的な繋がりや充実感が第一ですので、いつもときめく気持ちを大切にしてくださいね。

技術だけじゃない!豊胸手術の成功率には手術後のケアも大きな関係が

現在、日本で行なわれている豊胸手術は成功する例もあれば失敗してしまう例も見られています。どんな手術にも失敗してしまうリスクというものはあるものですが、それは豊胸手術においても同様に言えることでもあります。これから豊胸手術を受けようと考えている皆さんは、手術を受けるにあたってリスクは避けられないことを十分理解した上で手術を受けることを決めるよう注意するようにしましょう。

近年では豊胸手術を受けられる美容整形外科も増えてきていますし、以前よりもバストアップ施術の方法も様々なものがあるため、気軽に簡単に手術を受けられるようなイメージがついていますが、豊胸手術も手術の一貫ですので失敗してしまう恐れもあるものなのです。

最近では特に人気となっている「ヒアルロン酸」を利用したバストアップ施術も、安全性が高いことが特徴的ではあるものの、手術後にしっかりアフターケアを行なわなければバストの形をキレイに保つことができなくなってしまったり、見た目も感触も不自然なバストになってしまうこともあります。豊胸手術を成功させるためには、手術を施す医師の技術ももちろん重要なのですが、手術を受ける側である皆さんのアフターケアも豊胸手術の成功に大きく関わっているというわけですね。

そのため、もし豊胸手術自体に成功していたとしても、アフターケアがしっかり行なわれていないとバストアップに成功した、とは言えない状態になってしまうことも少なくありません。先ほど挙げたヒアルロン酸を利用したバストアップ施術だけではなく、自分の脂肪を利用した「脂肪注入法」による施術もそうですし、一般的な豊胸手術の施術である「シリコンバッグ」をバストに挿入する施術法もアフターケアは大変重要なものとなっています。

特にシリコンバッグを入れたバストはアフターケア無しではキレイな形を保つことができませんし、バストをしっかりマッサージしておかなければバスト全体が硬くなって張ってしまうこともあります。人によって症状は異なるものの、豊胸手術を受けたバストは手術を受ける以前よりも念入りなケアが必要となります。

豊胸手術を行なっている美容整形外科でもアフターケアとしてバストマッサージは行なわれますし、皆さん自身も自宅でセルフケアを行なうよう医師から指示されることになりますから、豊胸手術後はバストを美しく保つためにも絶対にケアを怠らないようにしましょう。

このように、豊胸手術の成功率は手術の技術だけではなく、美容整形外科によるアフターケアや皆さんのセルフケアも関係していますので、現在何らかのバストアップ施術を受けようと思っている皆さんは、ただ手術を受けることだけを考えるのではなく、アフターケアのことまで考えた上で豊胸手術を受けるようにしてください。そのためにも美容整形外科の選び方には十分に注意し、信頼して施術を任せられるクリニックを選ぶようにしましょう。

うつ伏せで寝ると胸が大きくなる?寝る体勢によって形が崩れることも

バストの周りには様々なツボがあることから「うつ伏せで寝るとツボが刺激されて胸が大きくなる」という考え方もありますが、健康的にバストアップしたいならば、できるだけうつ伏せで寝ることは避けた方が良いでしょう。寝返りを打っているとどうしてもうつ伏せになってしまう、という場合は仕方がありませんが、意識してうつ伏せを避けることは可能ですので、うつ伏せではなく仰向けで寝るよう心がけてみてください。

実際にバストの周りにはたくさんツボがありますし、中にはバストアップに効果的なツボもあります。そのツボを刺激すればバストアップ効果に繋げていくことはできますが、ツボを刺激することはうつ伏せで寝なくてもできることですよね。

一般的にツボ押しは血行が良くなっている状態で行なうことがベストであるため、ツボを押すなら入浴中や入浴後など身体が温まっている状態がおすすめです。身体が温まっている状態でツボを刺激することで、よりバストアップ効果を高めていくことができます。皆さんもぜひツボ押しでバストアップを目指してみてはいかがでしょうか?

また、うつ伏せで寝ることでバスト全体の形が崩れてしまう原因にもなります。バストは大きさも大事ですが、形も重要です。どんなに大きなバストでも形が崩れていたり垂れていたりしたら魅力的ではありませんし、美しいボディラインに見せることもできません。

反対にそれほど大きなバストではなくても、形がキレイに整えられたバストは女性らしさも溢れてとても魅力的に見えるものです。バストは大きさよりも形、と思っている男性も少なくありませんし、女性としても形が美しいバストは服を着た時の見栄えも良いものです。バストアップは何も大きくすることがだけが目的ではありませんので、美しい形のバストを手に入れるためにもうつ伏せで寝ることは避けるようにしましょう。

その代わりにバストの形が崩れないよう「ナイトブラ」を着けて寝ることをおすすめします。ナイトブラを着けることでバストを保護しながら形を整えることができ、寝ながらバストアップすることも可能となっています。現在では様々な種類のナイトブラが販売されていますので、皆さんの身体に合ったものを選んで着けてみてください。ナイトブラを着けている場合と着けていない場合とでは、バストの成長にも大きな差が現れています。

一般的にはブラを着けずに寝ることが多いかと思いますが、ブラを着けていないバストは寝る体勢になるとどうしても形が崩れてしまいます。うつ伏せに寝る場合はもちろん、仰向けに寝ても左右にバストが広がってしまうため、どの体勢で寝てもバストの形崩れは避けられないものとなっています。

しかし、ナイトブラを着けることでバスト全体を包み込んで保護してくれるので、形をキレイに保ちながら安心して眠ることができます。皆さんも寝る時にはナイトブラを着ける習慣をつくってみるようにしましょう。