バストアップ

胸を大きくするには筋トレも必要!大胸筋トレーニングでバストアップ

女性のバストがふっくらとしてボリュームがあるのは、バスト全体に脂肪がついているからです。バストは9割が脂肪とされているため、バストの柔らかさは脂肪の柔らかさとも言えます。しかし、その脂肪がたくさんついているバストを支えるためには適度な筋肉も必要となります。

どんなに柔らかくてボリュームのあるバストでも、脂肪だけではバストの形をキレイに保っておくことができませんので、筋肉を鍛えてバストの形を美しい状態でキープしておくこともバストアップ方法の一つです。ここでは、美しいバストの形をキープするために必要な「大胸筋」のトレーニング方法について紹介していきたいと思います。

大胸筋はバストを支えている筋肉の中でも中心的な筋肉であるため、大胸筋が衰えるとバスト全体にハリがなくなり、バストが垂れて形が悪くなってしまいます。年齢を感じ始めたバストによく見られる現象ですが、大胸筋がしっかり鍛えられていないと年齢が若くてもバストが垂れてしまうこともあるので注意が必要です。

バストの形をキレイに保つためにも、年齢に関係なく大胸筋はトレーニングしていくようにしましょう。早い段階でトレーニングを始めておくことで将来垂れにくいバストを作ることもできますから、まずは簡単なトレーニングを毎日続けてみるようにしましょう。

大胸筋を鍛える方法にはジムに行ったり、トレーニング機器を使ったりする方法もありますが、やはり自宅でも簡単にできるトレーニングの方が長く続けていけますよね。途中でやめてしまうとこれまでの努力もムダになってしまいますから、自分が長く続けていけるトレーニング方法で大胸筋を鍛えていきましょう。

そこで皆さんにおすすめなのが、道具を一切使わずに大胸筋をトレーニングできる方法です。まず両方の手のひらをバストの前でぴったり合わせます。この時、肘が直角になるようにし、姿勢を良くし胸を張るような体勢にしておくことがポイントです。そして、その状態から合わせた両方の手のひらを全力で押し合っていきます。バストが大きくなるようなイメージで息を吐きながら8秒間押し合ったら、息を吸いながら力を抜いていきます。このトレーニングを10回ほど繰り返してみてください。

さらに、手を合わせるのではなく、手を交互に組んで互いに引っ張り合うことでも大胸筋を鍛えることができます。大胸筋は意識してトレーニングしないと鍛えられないので、このような簡単なトレーニングでも全力で行なうことで効果を発揮するのです。

また、腕立て伏せなどでも大胸筋を発達させることができますし、食材に含まれている栄養成分から筋肉を発達させる効果を得ることもできます。主に肉や魚、乳製品などに豊富に含まれている「動物性タンパク質」には血液や筋肉を作る働きがあるため、動物性タンパク質を摂ってトレーニングを行なうことによって、より大胸筋を発達させることができるようになります。

「らくだのポーズ」でバストアップ!疲れやストレス解消にも効くヨガ

疲れやストレスを感じた時、皆さんはどのような方法で解消していますか?趣味を楽しんだり、スポーツを楽しんだり、たっぷり寝ることでストレスを解消する人がほとんどかと思いますが、溜まった疲れやストレスを解消するためには「ヨガ」も効果的となっています。もちろん、ヨガは疲れやストレスを解消するだけではなく、全身のバランスを整える効果もありますし、精神面を落ち着ける効果も期待できます。

さらに女性らしいボディラインを作る効果もあることから、バストアップにも最適な方法となっています。ここではバストアップに効果的なヨガのポーズについて紹介していくことにしましょう。ヨガのポーズには非常に様々なものがありますが、バストアップ効果を発揮してくれるポーズとしては「らくだのポーズ」が挙げられます。自宅でも簡単にできるので、時間が空いた時にぜひ試してみてください。

では、早速らくだのポーズについて見ていきますが、まず床に膝立ちになります。この時、両膝の間隔は腰幅くらいに空けておいてください。次におへその少し下あたりを意識しながら、息をゆっくり吸って背筋を伸ばしていきます。おへその下に力を入れるようなイメージで行なうと良いでしょう。

そしてゆっくり息を吐きながら、顎を胸の方へ近づけていくイメージで顎を引いていきます。さらに顎を引くことと同時に左手を左のかかとにつけ、息をゆっくり吸ってください。続けて右側も同じように、ゆっくり息を吐きながら右手を右のかかとにつけていきます。

腹筋や背筋があまりついていない人はこの体勢をキープすることが辛く感じるかもしれませんが、らくだのポーズを行なうことで徐々に筋肉もつけていくことができます。最初のうちは辛くならない程度に続けてみましょう。

次に両手がかかとについている状態から、骨盤を締めるイメージでおしりの筋肉に力を入れていきます。続けて息を吸いながら顎を上に引き上げ、頭を後ろに反らしていきます。さらに左右の肩甲骨を中心に寄せて胸を張った状態のまま数秒キープします。元の状態に戻る順番はまず右手を離し、左手を離してから最初の膝立ちの姿勢に戻ります。

これが1セットですが、普段あまり身体を動かす機会がない人の場合は1セット行なっただけでも結構な運動量になります。初めのうちは慣れるまで辛さを感じることもありますので、徐々に慣れてきてから回数を増やしたり、キープする時間を長くしてみたり、自分なりにレベルを上げてみてください。

また、ヨガ以外にも女性ホルモンの分泌に効果的なツボを刺激することでバストアップに働きかけていくこともできますし、バストアップマッサージによって乳腺を刺激することからバストアップしていくことも可能です。どちらにもヨガと同様に疲れやストレスを解消する効果も期待できるので、バストアップだけでなく、疲れやストレスを感じた時にも試してみてくださいね。

バストアップ体操やヨガなどを行なう場合は呼吸を意識して効果アップ

私達は呼吸をすることが当たり前となっていますが、皆さんは意識して呼吸をしてみたことがあるでしょうか?ただ吸って吐いての繰り返しである呼吸も、意識して行なうことで美容効果もアップしていくことができるのです。

例えば、腹式呼吸の場合は一度息を吐き切ってから吸ってみると、キレイな空気が体内に一気に取り込まれていきます。息を吐き切ることによって自然と空気が吸えるようになり、腹筋も使うようになるためダイエットにも効果的となっています。呼吸法を変えただけで体重が減ったとか、体型が変わってきたという人も実際にいるので、これからダイエットを始めようと思っている皆さんは、呼吸法を変えることから始めてみると良いでしょう。

そして、この呼吸によってバストアップ効果にも働きかけていくことができます。バストアップに効果的な方法として、バストアップ体操やバストアップ運動などがありますよね。とても簡単な方法が多いので誰でも気軽に試すことができるのですが、実はこうしたバストアップ効果のある体操や運動を行なう時にも、呼吸を意識することでより効果を上げていくことができると考えられています。

ここであるバストアップ体操を例として挙げてみましょう。紹介するのは両手の平を合わせて互いに押し合う、という大胸筋を鍛える体操になりますが、この体操は全力で押し合いながら大胸筋を意識していくことでバストアップに繋げていくことができることが特徴的となっています。

しかし、全力で押し合う時に呼吸が止まってしまっていてはバストアップ効果を得ることができません。体操を行なう場合はまず両手を合わせて、口から息をゆっくり吐きながら力強く両手を押し合っていきます。息を吐き切ったら今度は鼻から息を吸って力を抜いていきます。そしてまた口から息を吐きながら押し合う、息を吐き切ったら鼻から息を吸って力を抜く、という体操を繰り返してみてください。

呼吸を意識することでより大胸筋にも働きかけていくことができますので、この体操を行なう場合は大胸筋に力が入っていることを意識するだけではなく、呼吸をすることも同時に意識してみるようにしましょう。

また、バストアップ効果が期待できる方法としては「ヨガ」も挙げられます。ストレスの緩和や精神統一、リラックス効果もあるヨガですが、このヨガを行なう際にも呼吸は重要なものとなっています。

基本的なヨガの呼吸法は、「腹式呼吸」の場合はお腹から息を全部吐き切るように鼻から吐いてお腹に息を取り込むように鼻から吸う、胸で息をする「胸式呼吸」の場合はお腹から息を吐き切ることは同様ですが、息を吸う時には胸全体に息を取り込むように鼻から吸うことがポイントとなっています。特徴的な呼吸法はヨガには欠かせないものとなっていますので、ヨガでバストアップを目指している皆さんは呼吸もしっかり意識しながら行なってみるようにしましょう。
(⇒ヨガのポーズでバストアップ