バストアップ

女性にも大人気!健康や美容に良い豆乳で美味しくバストアップ

胸の大きさは脂肪の量で決まりますが、胸全体に脂肪をつけるためには「女性ホルモン」を活性化させることが必要とされています
女性ホルモンは体内で分泌されるホルモンの一種ですが、年齢と共に分泌量が低下してしまうことが特徴的です。そのため、年齢を重ねるごとに胸は垂れやすくなり、ハリがなくしぼんだように見えてしまうのです。

もちろん、胸が垂れてしまう原因は女性ホルモンの分泌量の低下だけではなく、胸の脂肪を支える筋肉が落ちてしまっていることなども考えられますが、バストを若々しい状態に保つためには、女性ホルモンの働きを高めていくことが重要なのです。

そこで皆さんにおすすめなのが、普段食べている食べ物から女性ホルモンの働きを高めていく方法です。胸を大きくする、胸のハリを保つなど、バストアップをするための方法には様々なものがありますが、食べ物から効果的な栄養を摂ることもバストアップ方法の一つとなっています。

中でも
「大豆イソフラボン」という成分
には、女性ホルモンである「エストロゲン」とよく似た働きをする効果があることから、大豆イソフラボンが含まれている食材を摂ることでバストアップ効果を得ることができると考えられています。大豆イソフラボンが含まれている食材には、大豆をはじめとした豆類、
大豆が使われている様々な食品
がありますので、毎日の食事にどんどん取り入れてみると良いでしょう。

また、大豆使われている加工品としては「豆乳」もおすすめですね。健康や美容に効果的とされることから、多くの女性に人気となっている豆乳にも大豆イソフラボンが豊富に含まれています。豆乳が大好き!という女性の皆さんは、ぜひこれからも積極的に豆乳を飲んでみてください。毎日豆乳を飲む習慣をつけるだけでも、大豆イソフラボンの成分を効果的に摂ることができます。

反対に豆乳が苦手、という皆さんも多いかと思いますが、最近では比較的飲みやすいタイプの豆乳も販売されていますので、自分が美味しいと感じる豆乳を見つけて飲んでみると良いでしょう。豆乳はスイーツなどにも多く使われていますから、甘い物が食べたい時には豆乳が使われているスイーツを食べるなど、楽しみながら大豆イソフラボンを摂ってみてくださいね。

こうした食事から摂る栄養をはじめとした様々なバストアップ方法は、まず「胸を大きくしたい!」という気持ちから始めるものですが、人によってはついつい無理をしてしまうこともあります。無理をしてバストアップをしようと頑張りすぎてしまうと、知らず知らずのうちにストレスが溜まる原因にもなり、バストアップ効果を妨げてしまう恐れもあるので注意が必要です。


ストレスはバストアップの敵
とも言えるものですので、ストレスを溜めないようにしましょう。努力をしながらバストアップ方法を続けていくことは大切ですが、それ以上にストレスを溜め込まず、楽しみながらバストアップするよう心がけてみてください。

柑橘系やバナナなど、女性に必要な栄養素が含まれているフルーツ

健康的にバストアップするためには、食事の面から気をつけていくことが大切です。食事から摂る栄養素にはバストアップをはじめとした美容効果が期待できますので、キレイになりたいならまずは食生活を見直していくことから始めてみると良いでしょう。特に野菜やフルーツから摂る栄養には女性に不可欠な成分がたくさん含まれています。ここではバストアップ効果が期待できるフルーツについて、詳しく紹介していくことにしましょう。

まず1つ目に紹介するのは「柑橘系」のフルーツです。代表的な柑橘系のフルーツとしては、みかん、オレンジ、グレープフルーツ、レモンなどが挙げられますが、これらに含まれている「ビタミンC」という成分はバストアップに最適とされています。ビタミンCには抗酸化作用があることから、バストの老化を防いでハリのある若々しいバストをキープする効果があると考えられているため、年齢を感じ始めたバストには特におすすめな成分となっています。

柑橘系の他、イチゴなどにもビタミンCは含まれていますし、フルーツではありませんが緑黄色野菜にも様々なビタミン類が含まれています。また、柑橘系のフルーツには「クエン酸」も含まれていますが、クエン酸もビタミンCと同様に抗酸化作用が期待できます。バストの老化を防ぐためにも、ぜひ柑橘系のフルーツを食べてみてください。

次に紹介するのは「バナナ」です。バナナには女性ホルモンの一つである「エストロゲン」を活性化させる効果のある「ビタミンB6」が豊富に含まれていますが、さらにバナナは熟れ具合によって得られる効果に違いがあることが特徴的となっています。青いバナナは便秘解消に効果的ですし、熟れて茶色くなりかけているバナナは身体の免疫力を高めていく効果があります。

また、黄色い食べ頃のバナナには血流を良くしていく効果があり、カリウムやマグネシウムといった成分の働きも強まることから、バストアップ効果を発揮してくれる熟れ具合と考えられています。ぜひ皆さんも、食べ頃のバナナを食べてバストアップを目指してみてくださいね。

その他、「りんご」には女性ホルモンの働きを活性化させる「ボロン」という成分が含まれています。ボロンが含まれている食材としてはキャベツが代表的ですが、キャベツ以外にもボロンが含まれている食材はあるのです。キャベツやりんごなどをはじめ、様々な食材からボロンを摂取してみると良いでしょう。
(⇒「ボロン」が含まれている食材

そして、近年女性の間で人気のフルーツである「アボカド」にもバストアップ効果があると考えられています。アボカドは野菜と思われることも多いのですが、実はフルーツの一種で、さらにバストアップ効果が期待できる様々な成分が豊富に含まれていることも特徴となっています。アボカドはスーパーでも簡単に手に入りますから、アボカドが大好きな皆さんはアボカドでバストアップを目指してみることもおすすめです。

豊胸手術後のアフターケアや自宅でのセルフケアは絶対に怠らないで

女性らしさを感じさせる大きなバストは、多くの女性の憧れでもあります。その憧れを追い求めるために豊胸手術を受ける女性も多く、実際に手術に成功して魅力的なバストを手に入れた人も少なくありません。豊胸手術を受けたことによって、憧れていた大きなバストを手に入れられたという喜びはとても大きなものですし、誰かに自慢したいという気持ちになる人も多いことかと思いますが、実は豊胸手術後のアフターケアは大変なものでもあります。

豊胸手術を受けたらそのままでOKというわけではなく、アフターケアを行なわないとバストを美しい形でキープすることができなくなってしまいます。手術を受ける前以上にバストに気を遣わなければならないことになりますので、これから豊胸手術でバストアップをしようと考えている皆さんは、アフターケアの方法までしっかり理解してから手術を受けることをおすすめします。

では、豊胸手術後にはどのようなアフターケアが行なわれているのでしょうか?豊胸手術が行なわれている美容整形外科クリニックでは、アフターケアも含めた施術料金でバストアップ施術が受けられるところが多いため、豊胸手術後には自然にアフターケアの流れに入っていく場合がほとんどです。

ただし、中にはアフターケアの料金は別料金となっているクリニックもあるので、この点についてはクリニックに豊胸手術を受ける旨について相談した際に確認しておくとか、カウンセリング時に確認をとっておくなど、あらかじめ注意しておくようにしましょう。

クリニックで行なわれるアフターケアの方法としては、バストマッサージや超音波によるケアなどが一般的となっています。バストマッサージは豊胸手術後のバストの形をキレイに保つために必要なケアなので、しっかり受けてバストの形を美しくキープしていきましょう。

こうしたアフターケアを行なってくれるクリニックであれば信頼性も高いので、手術後まで安心して任せることができます。豊胸手術は施術の技術はもちろん、アフターケアも重要となっていますから、クリニックを選ぶ際にはアフターケアまでしっかり行なってくれるクリニックを選ぶように意識してみると良いでしょう。

また、丁寧なアフターケアを行なっているクリニックでは、皆さん自身が行なうセルフケアの方法についても詳しく説明していますので、自宅でセルフケアを行なう場合も心配いりません。主に豊胸後のバストマッサージや日常生活における注意点、衛生上の注意点などの説明を受けることになりますが、バストマッサージなどは特に念入りに行なう必要がありますので、面倒がらずしっかり行なうようにしましょう。

クリニックでのアフターケアと自宅でのセルフケアを行なう上で、色々と大変に感じることもあるかと思いますが、アフターケアやセルフケアも豊胸手術の一貫です。バストをキープするためにもケアは怠らないようにしてくださいね。