バストアップ

胸が小さいことで悩んでいる人もいれば胸が大きいことが悩みの人も

魅力的なバストというと、大きくてふっくらとしたバストが思い浮かぶ人が多いかと思います。実際にバストが大きな女性は男性から見ても女性から見ても魅力があり、憧れや性の対象として見られることが増えますよね。しかし、中にはバストが大きすぎることを悩みに感じてしまっている女性も少なくありません。

バストの小さい人から見れば「どうしてバストが大きいことに悩むの?」と不思議に思う人も多いかもしれませんが、人によってはバストが大きいことは全て良いとは限らないのです。

周りから見れば「胸が大きくていいな」とか「私もあんなバストになりたい」といったような憧れの対象ではありますが、あまりにも大きなバストの場合は全体的に太って見えてしまったり、男性からは性の対象としか見られなかったり、バストが大きいことが原因で悩みが現れてしまうこともあるのです。

バストが小さめな人は比較的スリムに見せることができても、バストが大きい場合はバストばかりが目立てしまって太めの印象に見られてしまうことがあるため、近年ではバストが大きめの人がバストを小さく見せるために使用するブラジャーなども販売されています。ブラジャーによってバストを小さく見せることで、バストだけが目立つ、ということを防ぐことができるのです。

また、バストが大きい人は胸元が広く開いた服を着ることを避ける、という場合も多く見られています。バストの小さい人から見れば、大胆で女性らしい印象に見られるファッションが楽しめていいな、と思うかもしれませんが、バストが大きすぎすると胸元が開いた服はかえって下品な印象を与えてしまいますし、人によっては嫌らしい目で見られることを避けるために胸元が開いた服は着ない、という女性もいるようです。

男性はバストの大きな女性に目がいくことが多く、バストが大きい女性はバストが影響して性の対象と見られることも珍しいことではありません。これは女性として見られている、ということなので受け取り方によっては嬉しいと感じる女性もいるかもしれませんが、もし、皆さんの好きな男性から性的な目でしか見られなかったらどう思うでしょうか?

本当に好きな人には身体ではなく性格や考えていることなど内面を見てほしい、という女性は非常に多く、好きな男性から外見だけで判断されることを嫌う女性がほとんどです。性的な目で見られることから「私の胸にしか興味がないんだ」と思う女性も少なくなく、ひどい場合は男性を受け入れることができなくなってしまうこともあります。

このように、バストが大きな女性にもその人なりの悩みがあるので、決してバストが大きいだけが全てではありません。ただ、自分が理想とするスタイルを目指すことはとても素敵なことですから、バストが小さくて悩んでいる人もバストが大きくて悩んでいる人も、魅力的な自分に少しでも近づけるよう日々努力をしていきましょう。

女性の胸が大きくなるのはどうして?バストアップの簡単な仕組み

女性の胸は成長期を迎える小学校高学年くらいの時期から、段々と大きく成長していくようになります。人によっては中学生になってから大きくなっていく人もいますし、身長も伸びて体重も増えているのになかなかバストだけが成長しない、という人もいるため、人それぞれバストの大きさには差が見られていることが特徴です。

小学生の時からバストが大きく育っていく人もいれば、大人になってもバストが小さな人もいますよね。こうしたバストの成長には「女性ホルモン」の分泌が大きく関係しているのです。女性ホルモンは、大体小学校高学年から中学生になるくらいの時期に分泌が増え始めるようになり、その影響によってバストの中心にある「乳腺」が発達していくようになります。

さらに乳腺を守るための脂肪がバストにつくようになるため、子供の頃と比べてバストが大きくなり、柔らかさやふくらみが現われるようになっていくというわけです。バストの大きさは脂肪の多さで決まるものでもありますが、脂肪がバストにつくためには女性ホルモンの分泌が欠かせないものとなっています。

女性ホルモンの分泌が活発化されることで乳腺が発達し、バスト全体に脂肪がつくようになるので、まずは女性ホルモンの分泌力を高めていくことがバストアップに繋がるとされています。バストアップの仕組みには、女性ホルモンの分泌が深く関係していると考えられているのです。

では、私達が女性ホルモンの分泌を増やしていくためには、一体どのような方法を取れば良いのでしょうか?

こうしたバストアップの仕組みを踏まえた上でのバストアップ方法には非常に様々なものがありますが、一般的にはバストアップ効果のある栄養を摂ること、マッサージや体操を行なうことでバスト周りの血行を良くしていくこと、ツボ押しなどで乳腺を刺激すること、筋トレでバストを支える筋肉をつけることなどが効果的とされています。

特に食事から摂る栄養は女性ホルモンの分泌とバストアップ効果を高める効果が大きいため、まずは普段の食事から気をつけていくことがおすすめです。

バストアップに効果的な栄養素の中では「大豆イソフラボン」などが有名ですが、大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあることから、大豆イソフラボンを摂ることで女性ホルモンのバランスを整えることができると考えられています。大豆イソフラボンが含まれている食べ物は毎日摂れるものが多いので、日々の食事に取り入れるなどして摂取していくと良いでしょう。

また、乳腺を刺激するマッサージやツボ押し、筋トレもバストアップに効果的ですが、食生活と併せて気をつけていくことでよりバストアップ効果を発揮することができるようになります。特にタンパク質はバストを支える筋肉を作るために必要な働きをしている栄養素ですから、タンパク質が多く含まれている食べ物も積極的に摂るように心がけてみると良いでしょう。

手術が失敗することはあるの?バストアップ施術を受ける際の安全面

どんな手術にも失敗するリスクはありますが、それは豊胸手術にも同様に言えることです。手術のリスクは以前よりも技術力が高くなった現在でも拭いきれないものですので、これから豊胸手術を受けたいと考えている皆さんは、失敗する恐れもあるということを十分に認識した上で手術を受けるようにしてください。

近年ではバストアップ方法の一つとして気軽に受けられるイメージとなっている豊胸手術ですが、手術によってバストの形や大きさを変えることになるので、イメージ重視で豊胸手術を選ぶのではなく、安全面についてもよく考えてから手術を受けることを決めるようにしましょう。

豊胸手術の失敗例としては、特に「シリコンバッグ」を利用したバストアップ施術が多く挙げられています。シリコンバッグは一般的な豊胸手術で用いられる施術法ですが、施術を受けてから数年後に突然シリコンバッグが破裂してしまったり、バッグ自体が縮んで小さくなってしまったりすることから、バストの大きさに変化が現れてしまうという失敗例が実際に見られています。

もちろん、近年では豊胸手術の技術力も上がっていますし、シリコンバッグの性能も高くなってきているため、こうしたケースも少なくなってきてはいます。しかし、以前から利用されてきているタイプのシリコンバッグの場合は、シリコンバッグを挿入したバストに違和感を覚えたり、痛みを感じたりする場合もあるため、もし手術後のバストに少しでも変化が現れたらすぐに医師に診てもらうようにしてください。決して放っておくことはせず、できるだけ早めに相談するようにしましょう。

このように、豊胸手術では失敗してしまうケースもありますので、特にシリコンバッグを使用したバストアップ施術を受ける場合は医師とよく相談し、自分自身が納得した上で施術を受けるようにしてください。また、最近ではシリコンバッグを使用した施術法以外にも様々な豊胸手術が人気となってきています。

例えば「ヒアルロン酸注入法」と呼ばれる施術法では、バストにヒアルロン酸を注入することでバスト全体をボリュームアップさせていくことができるようになっています。私達の体内にも存在しているヒアルロン酸をバストに注入するので、安全面を重視した豊胸手術が受けたいという皆さんにはおすすめの施術法となっています。

ただし、バストに注入されたヒアルロン酸は徐々に体内に浸透していってしまうため、バストアップ効果が永久的に続くわけではありません。バストアップしたバストを保つためには、ヒアルロン酸注入法を定期的に受ける必要がありますので、あらかじめ施術料金についても確認しておくことをおすすめします。

施術料金についての問題はヒアルロン酸注入法だけではなく、どんな施術法にも言えることです。豊胸手術はタダで受けることはできませんから、料金についてもよく考慮した上で施術を受けるようにしましょう。