バストアップ

女性らしいボディラインを作るためには背筋や腹筋を鍛えることも大事

背すじが伸びている人はスタイルも良く見えますし、バストもハリのある状態になっていますよね。反対に猫背の人はスタイルが良いとは言えず、バストも垂れ下がっているように見えてしまいます。実はバストと猫背には深い関係があり、猫背を解消することでバストアップをすることができる、とも考えられています。今までは猫背だった分だけバストが小さく垂れているように感じていた皆さんも、猫背を解消することで背すじがキレイに伸びてバストも上向きにさせていくことができるのです。

そのためには、全身の筋肉をまんべんなく鍛えていくことが必要となります。バストアップには主に「大胸筋」を鍛えることが重要とされていますが、他の筋肉も鍛えることによってより女性らしいボディラインを保つことができます。大胸筋はもちろん、背筋や腹筋といった広範囲を占める筋肉をしっかり鍛えていくと、全身の筋肉のバランスも良くなっていきますし、基礎代謝も上がって脂肪を燃焼させやすくなることからダイエット効果も期待できます。

バストアップとダイエットは一見かけ離れているように思われがちですが、筋力をつけることが効果的である点については同様の特徴を持っているのです。もし「バストアップもしたいけれどダイエットもしたい!」という皆さんがいれば、ぜひ筋力をつけていくことから始めてみてください。結果的にはバストアップもダイエットもどちらの効果も得ることができます。

しかし、筋力をつけるためのトレーニングを三日坊主で終わらせてしまっては、何の効果も得られません。トレーニングは継続して行なっていくことが第一ですから、毎日続けていけるようなトレーニングを始めてみましょう。毎日できない場合でも、週3回くらいはトレーニングを行なうよう心がけてみてくださいね。

特に大胸筋は意識しないと鍛えられない筋肉なので、しっかり鍛えるつもりでトレーニングを行なっていきましょう。大胸筋を鍛える方法としては、自宅にいてもできる方法が様々ありますので、自宅にいる時にちょっとした時間を使ってトレーニングを行なってみると良いでしょう。

もちろん自宅以外でも仕事の合間にやってみることもできますから、少しの時間もムダにせずバストアップトレーニングに充ててみてください。バストアップを成功させるためにはこうした小さな心がけが大事なので、トレーニングを毎日の習慣にしてみると良いでしょう。

また、大胸筋や腹筋、背筋といった筋肉の他、大腿筋も鍛えることでより基礎代謝アップに繋げていくことができます。大腿筋は太ももにある筋肉ですが、大腿筋もまた広範囲を占めている筋肉なので、しっかり鍛えることで基礎代謝を向上していくことが可能です。太ももは太りやすい部分でもありますから、脂肪がつくと体型が洋梨型になってしまいます。女性らしく美しい体型を保つためにも、全身の筋肉をくまなく鍛えていくようにしましょう。

有効成分が配合されているバストアップクリームを使ってマッサージ

女性らしく魅力のあるバストを手に入れるために、皆さんはどのような方法を試しているでしょうか?バストに直接働きかけるために「バストアップマッサージ」を行なっている人はとても多いかと思いますが、バストアップマッサージを行なう場合はただマッサージを行なうよりも「バストアップクリーム」を使用してみることをおすすめします。

バストアップクリームはバストアップに有効な成分が含まれているクリームなので、そのクリームを使ってマッサージを行なうことによってバスト全体に有効成分を浸透させることができます。クリームに含まれている成分がバストに浸透していくことで、バストアップ効果を引き出してくれるというわけですね。

では、バストアップクリームにはどのような有効成分が含まれているのでしょうか?代表的な成分としては「プエラリア」といったバストアップ効果の高い成分が挙げられます。プエラリアはサプリメントなどからでも摂ることのできる成分なので、皆さんも一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。

バストアップクリームにもサプリメントと同様、プエラリアが配合されているものが多く販売されていますので、プエラリアの力を借りてバストアップしたい!という皆さんは、プエラリア配合のバストアップクリームを選んでみると良いでしょう。

その他にも、バストアップクリームには様々な成分が含まれていることが特徴となっています。抗酸化作用の高い「ビタミンC」などは化粧水や美容液にもよく配合されている成分ですが、バストアップクリームもまたビタミンCを配合しているものが多く見られています。

さらに女性ホルモンと似た働きをしてくれることで有名な「大豆イソフラボン」という成分が含まれたバストアップクリームもあるため、食事以外からでも大豆イソフラボンの成分を摂ってみたいという皆さんは、「植物性エストロゲン」や「イソフラボン誘導体」といった成分が含まれているバストアップクリームを選んで使ってみることをおすすめします。

バストアップクリームはバストに直接サプリメントを与えるようなものなので、サプリメントを摂ることと同様にバストアップクリームによってバストに栄養を補っていく、というイメージで使ってみると良いですね。

また、バストアップクリームではなく「バストアップジェル」などもありますが、バストアップジェルもバストアップクリームと同じくバストアップ効果を発揮してくれるグッズの一つです。ジェルタイプなのでクリームよりもサッパリとした使い心地が特徴的となっていますから、クリームを使った時の肌のベタつきが気になる、という皆さんはバストアップジェルを使ってマッサージしてみると良いでしょう。

皆さんそれぞれに合ったバストアップクリームやジェルでバストアップマッサージを行なってみてください。毎日継続することで効果が現れてくるので、地道に諦めず努力していきましょう。

中学生でもバストアップグッズを使っていいの?バストの成長との関係

中学生や高校生の若い年代はバストが成長する大切な時期です。またバストの成長を必要以上に気にしてしまう時期でもあるため、自分のバストと他人のバストを比べてしまう人も多いのではないでしょうか?「友達のバストは大きいのに・・・」と悩んでしまうこともあるかと思います。

しかし、同じ成長期でもバストの成長には差があるものです。身長の変化にも差があることと同様、バストの大きさも人それぞれ成長の速さが異なりますので、あまり気にしすぎないようにすることが大切です。気にしてしまうとストレスも増えてしまうため、バストが健康的に成長していく妨げとなってしまうこともあります。ストレスはバストアップの敵とも言えるものですので、できるだけストレスを溜めないよう心が穏やかでいられるような生活を心がけていきましょう。

また、バストの大きさを気にし始めるとバストアップグッズを試してみたくなることもありますよね。バストが大きくなると言われる「バストアップクリーム」や、寝ている間にバストアップできる「ナイトブラ」など、最近では気軽に購入して使用できるバストアップグッズがたくさんあります。

中学生や高校生も購入ができる価格で販売されていることから、こうしたバストアップグッズを試してみたい!と思っている皆さんも多いかと思いますが、成長期の段階でバストアップグッズを使用することはあまりおすすめできません。バストアップグッズの効果は人それぞれですが、実際にバストアップ効果が得られた人も多く見られています。

しかし、成長途中の段階であるバストにバストアップグッズを使ってしまうと、バストの自然な成長に影響が現れてしまう場合があるので、できればバストアップグッズの使用は避けた方が良いでしょう。まだバストが成長期段階である場合は、バストアップグッズを使うよりもまずは食事からしっかり栄養を摂ること、運動をして筋肉をつけること、夜はぐっすり寝て成長ホルモンを活性化させることなど、規則正しい生活習慣を送ることがバストアップには重要となっています。

皆さんは朝食を抜いたり好き嫌いをしたり、運動不足や寝不足になってしまってはいませんか?もし一つでも当てはまるようであれば、問題のある生活習慣を改善させることから始めてみてください。キレイなバストになるためには健康的な生活を送ることが第一です。いくらバストアップグッズを使っても、基本的な生活習慣が乱れていてはせっかくの効果も薄れてしまいますし、毎日の生活習慣を整えるだけでもバストアップに繋げていくことができます。

これは中学生や高校生だけではなく、成人した大人の皆さんにも言えることです。バストアップグッズの効果を期待する以前に、食事の栄養バランスを考える、適度な運動を心がけて筋力をつける、睡眠をしっかり取るなど、自分でできることからバストアップを目指していきましょう。