バストアップ

女性ホルモンと似た働きをしてくれる「大豆イソフラボン」の効果

バストを大きくするためには「女性ホルモン」を活性化させることが重要となっています。しかし、年齢を重ねるごとに私達の体内から分泌される女性ホルモンの力は低下していくため、バストのハリも次第になくなっていってしまうのです。もちろんバストだけではなく、肌や髪の毛のツヤにも女性ホルモンは関係しているので、年齢に負けないバストを保つには女性ホルモンを活性化させることが必要というわけです。

そこで、おすすめなのが食材に含まれている「大豆イソフラボン」という成分です。大豆イソフラボンは大豆をはじめとした大豆食品に含まれている成分で、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と非常に似た働きをしてくれることから、バストアップに効果的な栄養素と考えられています。

年齢によって女性ホルモンの分泌力が低下してきている場合でも、大豆イソフラボンを摂ることで体内で女性ホルモンと同じような働きをしてくれるため、バストを若々しく保つことができるようになるのです。

大豆イソフラボンが含まれている食品としては、やはり豆腐や納豆などの大豆食品が有名ですね。皆さんの中にも毎日納豆を食べている、という人は多いかと思いますが、納豆を毎日食べることでバストアップ効果に繋げていくことができていたのです。

健康に良い納豆は美容にも最適なので、これからもぜひ毎日納豆を食べる習慣を続けてみてください。豆腐も比較的摂りやすい食材ですから、日々の食事に取り入れてみると良いでしょう。

また、美容に良いとされている豆乳もバストアップ効果を発揮してくれます。豆乳も大豆からできていますから、大豆イソフラボンが豊富に含まれています。豆乳はいまいち飲みづらくて苦手、という人も多いかもしれませんが、最近ではココア味やいちご味など飲みやすいタイプの豆乳も販売されているので、自分が飲みやすいと感じる豆乳を飲む習慣を始めてみてはいかがでしょうか?

バストアップを成功させるためには、何事も習慣にしていくことが大事なので、まずは食事の面から毎日の習慣にすることを心がけていくことをおすすめします。

その他、大豆イソフラボンが含まれている大豆食品には、タンパク質も豊富に含まれていることが特徴的となっています。タンパク質には「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」がありますが、大豆食品には植物性タンパク質が含まれています。

大豆イソフラボンはもちろん、植物性のタンパク質自体にも女性ホルモンの働きを活性化させる効果があるので、大豆食品はバストアップには欠かせない食品となっているのです。

効果的にバストアップするためには動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく摂ることが大切なのですが、太りやすい人の場合はどちらかというと植物性タンパク質をメインに摂ってみることをおすすめします。皆さんも普段の食事の面からバストアップ効果をどんどん高めていきましょう。

バスト周りの血流改善にはマッサージや運動を積極的に試してみて

血流が悪くなっているバストは、若々しいハリの低下にも繋がります。ハリのあるバストをキープするためにはバスト周りの血流を改善していくことが必要となりますので、バストアップマッサージやバストアップに効果的な運動などを積極的に行なっていくように心がけていきましょう。

特にバストアップマッサージは、バスト周りの血流を良くするだけではなく、リンパの流れも改善していくことができます。二の腕や脇といったバストの周りにはリンパも流れていますが、リンパの流れが滞っているとバストはハリがなく垂れやすい状態になってしまいます。バストアップにはリンパの流れも正常な状態にしていくことが必要なので、皆さんもバストアップマッサージで血流とリンパの流れをしっかり改善していきましょう。

バストアップマッサージは自分で行なうことはもちろん効果的ですが、恋人や夫などにマッサージしてもらうことでより女性ホルモンの分泌を活性化させていくこともできます。マッサージによって乳腺を刺激することで女性ホルモンの分泌を高められるのですが、好きな人の手によってマッサージしてもらうことによって性的興奮が高まるだけではなく、女性ホルモンの分泌へ繋げていくことができるのです。

これはセックスによるバストアップ効果や、好きな人にバストを揉んでもらうことでバストが大きくなることにも関係しているので、恋人や夫がいる皆さんはぜひバストアップマッサージを手伝ってもらってみてください。

また、バストアップマッサージだけではなく、バストアップ運動でも血流を改善していくことができます。基本的に身体を動かすと血行が促進されるため、少し運動しただけでも血流の改善に繋げていくことが可能です。運動をすることはバストアップに非常に効果的で、特に筋力をつけることは基礎代謝を向上させることもできることから、ダイエットにも最適となっています。

バストは大胸筋をはじめとした様々な筋肉に支えられているため、筋力が衰えてしまうとバスト全体がしぼんで垂れ下がってしまいます。年齢と共に筋力は衰えていくことから、バストも年齢を重ねるごとに垂れやすい状態へとなっていってしまいます。いつまでも若々しいバストを保つためにはバスト周りの血流を改善しながら筋力をつけていくことが重要なので、皆さんもバストアップ体操や筋トレを始めてみることをおすすめします。

バストアップに効果的な体操や筋トレはとても簡単なもので、自宅でもできるものがほとんどです。運動と聞くとハードなものをイメージする人も多いかと思いますが、激しい運動ではなく毎日のように続けていける適度な運動の方がバストアップ効果が高まります。バストアップ体操や筋トレは空いた時間を使ってできる運動ばかりなので、気軽な気持ちで毎日の生活に取り入れてみてください。マッサージや運動によって血流を改善して、魅力的なバストを手に入れましょう。

手術は成長期でも受けられる?バストアップ施術とバストの成長過程

女性にとってバストは女性らしさの象徴でもありますし、自分自身の大きな自信になるものでもあります。そのバストが小さかったり形が悪かったりすると、「女性としての魅力がないのではないか?」と感じてしまうことも少なくありませんよね。バストにコンプレックスを抱えている女性は決して少なくなく、むしろ自分のバストに自信を持っている人の方が珍しいほどです。

小さなバストの人が大きなバストの人を見れば「私もあんな風に大きなバストになりたい」と憧れるものですし、ハリのある若々しいバストの人見れば「若い頃のバストのハリを取り戻したい」と思う皆さんも多いかと思います。こうしたバストの悩みは年齢を重ねるごとに増えてくるものですが、バストが膨らみ始める成長期はバストの大きさに関する悩みやコンプレックスが初めて生まれる時期でもあります。

今は成人している皆さんも、学生時代に自分と友人のバストの大きさを比べてみたり、「もっとバストを大きくしたいから」と牛乳をたくさん飲んだり、バストに対するコンプレックスを抱えていたことがあるのではないでしょうか?

成長期のバストは人によって大きさも異なりますし、成長するまでの期間や時期も少しずつズレが生じているものですが、思春期でもある成長期は身体の変化にも敏感であることから、友人や他の人のバストが大きく成長していることを見て「どうして自分だけ・・・」と小さなバストに大きなコンプレックスを抱いてしまうことが多いのです。

バストの成長過程は人それぞれ異なる部分があって当たり前なのですが、思春期の時期は人目を過剰に気にすることも増えますし、他人のことを気にかけすぎてしまうこともあることから、バストの大きさを必要以上に気にしてしまうことも少なくないのです。

そして、このような過剰な比較やコンプレックスが大きくなっていくような場合は、豊胸手術を受けることを考えることも珍しくありません。「自分の小さなバストをどうにかして大きくしたい!」という強い思いから、実際に豊胸手術に踏み切ってしまったという人も多く見られていますが、豊胸手術は成長期のバストにはおすすめできるものではないことが現状です。

もちろん、豊胸手術自体がリスクを伴うため、成長期を過ぎたバストにも豊胸手術を簡単に勧めるようなことはできませんし、どのようなバストアップ施術でも簡単に受けることはできませんから、成長期の皆さんだけに言えることではないのですが、やはりバストが成長過程にある時期に手術を受けるとなると、バストの自然な成長を妨げてしまう恐れが高まります。

なので、どんなにバストを大きくしたくても、まだ成長段階にある場合は豊胸手術を受けるのではなく、適度な運動をする、食事からしっかり栄養を摂るなど普段の生活から見直してみるようにしてください。バストの自然な成長を促すためにも、まずは生活習慣を改善してみることをおすすめします。
(⇒栄養バランスを考えた食事でバストアップ