バストアップ

バストが小さくなってしまうことも、過剰なダイエットには危険性が

今より痩せてキレイになりたい、ムダな脂肪をスッキリ落としたい、スリムになってかわいい服をたくさん着たい・・・など、女性にはダイエット願望がつきものです。端から見ればそれほど太っていない人でも「痩せたい」とか「ダイエットしなきゃ」といったように、半ば口癖のように「ダイエット」を口にしている人も多く見られています。

しかし、過剰なダイエットには危険性もあります。もちろん痩せることはいけないことではありませんが、ダイエットを続けていると自分が痩せていることに気付かない場合も少なくありません。目標だった体重まで落としてダイエットに成功したのにもかかわらず、「もっと痩せたい」と思うことからダイエットを続けてしまう、十分に痩せているはずなのに「ダイエットをしなきゃ」と思うようになるなど、精神的な面にも関わってきてしまうことがあるのです。

こうした過剰なダイエットから、食事が摂れなくなってしまう「摂食障害」などの精神疾患を発症してしまう場合も多く見られているため、特に中学生や高校生など成長期の皆さんは無理なダイエットをしないよう注意してください。

中学生や高校生の時期はついつい周りと比べてしまうことが多いので、痩せていてキレイな子を見ると「私もあんなふうになりたい」と憧れを抱くようになり、無理なダイエットへ走ってしまうことも珍しくありません。

「キレイになりたい!」という向上心を持つことはとても素敵なことですが、中学生や高校生などの若い年代はただ「痩せる」ということに集中してしまうことがほとんどであるため、キレイになることよりも痩せるためのダイエットを実行してしまうことが非常に危険だと考えられているのです。

そして、過剰なダイエットを続けていると身体や顔が痩せていくだけではなく、女性ホルモンのバランスも乱れていきます。中学生や高校生といった成長期の時期のダイエットは、女性ホルモンのバランスを崩してしまう危険性もあることから、注意が必要とされています。

女性ホルモンのバランスに乱れが見られると、生理が止まってしまったり、バストが大きく成長しなくなってしまったり、バストが小さくなってしまったり、女性としての成長に影響が現れてしまうこともあります。いくら「自分の理想的な体型になりたい!」と言っても、過剰なダイエットによって女性としての成長していくための大切な時期をムダにしてしまってはいけません。

特に大人になるまでの成長期は、バストの成長にも大きく関わっています。ダイエットはしたいけれどバストも大きくしたい・・・という中学生や高校生はたくさんいますが、その時はぜひダイエットをすることではなく、バストを大きくすることを目標としてみてください。

そのためには食事から栄養をしっかり摂ること、適度に運動を心がけること、睡眠を摂ることなど、毎日規則正しい生活を送るように心がけていきましょう。

仕事の休憩中や暇な時間でも気軽にできる簡単バストアップ体操

魅力的なバストを手に入れるためには、バストを意識しながら身体を動かすことが効果的です。バストは乳腺と脂肪によって構成されていますが、バスト全体を支えているのは筋肉です。筋肉は動かさなければ鍛えることができませんので、まずは筋肉を動かすことを意識することからバストアップを始めていきましょう。

特にバストを支える重要な筋肉である「大胸筋」は、意識してトレーニングを行わないと鍛えることが難しい筋肉として知られています。大胸筋が衰えるとバストにはハリがなくなり、垂れやすくなってしまいます。年齢と共にバストが垂れてきてしまうのはそのためです。もちろん若い年代の皆さんでも、筋肉を鍛えなければバストのハリはどんどん失われていきますから、筋肉の衰えを防ぎ、バストを垂れにくい状態にしていくことがバストアップには必要となるのです。

そこで、ここでは簡単なバストアップ体操について紹介していきたいとおもいます。仕事の休憩中や暇な時間にも気軽にできる体操なので、皆さんもぜひ実践してみてください。では、早速バストアップ体操の方法について見ていきますが、体操を行う際に意識して欲しいのは、バストが大きくなることをイメージすることです。バストアップにはイメージトレーニングも大事で、自分のバストが大きくなったことを思い浮かべながら行うと効果が高まります。

例えば、バストの前で両手を合わせて互いに押し合うことでバストアップ効果を得ることのできる体操がありますが、この体操は二の腕の筋肉にも効く体操となっています。もちろん、二の腕も痩せたい場合は二の腕を意識しながら体操を行っても良いのですが、バストを大きくしたい場合は大きくなった自分のバストをイメージしながら体操を行ってみてください。

また、膝を床について四つん這いになったまま、腕立て伏せの要領で腕を曲げ伸ばしする体操もバストアップに効果的ですが、この体操も普通に行うと二の腕の筋肉ばかりを意識してしまいがちです。大胸筋を鍛えるためには、二の腕ではなくバスト全体を意識しながら体操を続けてみてください。どちらの体操もちょっとした時間を使ってできる簡単なものですから、気づいた時に試してみてくださいね。

その他、両腕の肘を直角に曲げて外側に広げ、息をゆっくり吐きながら内側にグーっと引き寄せることでもバストアップに働きかけることができます。両腕を引き寄せる時は、肘と手がぴったりとくっつくくらいまで寄せ合うことがポイントです。さらにバストが大きくなるようなイメージを浮かべながら行うことで、よりバストアップ効果が高まります。

このように、バストを支える大胸筋をトレーニングできる体操には簡単にできる様々な方法がありますので、ぜひ皆さんもバストアップ体操を毎日の習慣として続けてみてください。バストアップ体操を継続して、健康的で美しいバストを目指していきましょう。

「バストアップローラー」で血行を促進させながらハリのあるバストへ

顔やボディのセルライトケアの一つとして「セルライトローラー」を使用している女性はとても多く見られています。顔に使えば小顔効果が、脚に使えば脚痩せ効果が期待できるセルライトローラーは、血行を促進してリンパの流れを良くしてくれるため、こうした美容効果が得られると考えられています。

血行促進とリンパの流れを改善することで、セルライトを除去し、ハリのあるキレイな肌に導いていくことができるのです。運動ではなかなか取ることのできないセルライトは、セルライトローラーを使って地道に除去していくことがおすすめとなっています。

さらにバストアップにもこうしたローラーを使ったケアが効果的とされています。「バストアップローラー」と呼ばれるバストアップグッズがありますが、バストアップローラーもセルライトローラーと同様に、血行を促進したりリンパの流れを改善したり、美容効果を発揮してくれる優れものです。バストアップのためにはセルライトローラーではなく、バストアップローラーを使ってバストにハリを持たせていきましょう。

また、バストアップローラーを使用する際にはいくつか注意が必要となっていますので、注意点についても見ておきたいと思います。バストアップローラーは血行を促進してバストのハリを出していくことができるため、ついつい何度も使ってしまいたくなってしまいますよね。

しかし、バストアップローラーを何度も使ってしまうとかえってバストの脂肪を燃焼させてしまい、バストが小さくなってしまうことがあります。適度に行なっているようであれば血行も促進されてリンパの流れも良くなるので、バストアップに繋げていくことができるのですが、バストアップローラーの使いすぎはバストアップの妨げになってしまうので注意しましょう。回数としては週に2、3回程度を目安にバストアップローラーを使ってみてください。

その他、バストアップローラーを使用する際には強く力を入れすぎないように気をつけておきましょう。力を入れてしまうと肌や血管に負担がかかり、肌に赤みが出てきたりあざができてしまう恐れがあります。

特にバストアップローラーを使い始めた時期に出やすい症状なので、まずは力を入れすぎないこと、そしてバストアップローラーを使う時間についても数分程度で構いません。長時間同じ部位にローラーを使っていると、バストの脂肪が燃焼してしまいバストが小さくなってしまうこともあります。バスト周りがほのかに温かくなってくる程度でやめておきましょう。

また、バストアップローラーを使用する時には必ずクリームやジェルをバストに塗ってから使用するようにしてください。そのままローラーを使用すると肌に負担がかかってしまうので、バストにクリームやジェルを塗って滑りの良い状態にしておくようにしましょう。入浴しながら使う場合にもボディソープなどで滑りを良くしておくことをおすすめします。