バストアップ

良い筋肉をつけるなら良質な動物性タンパク質の摂取も忘れずに

ハリのある若々しいバストをキープするためには、良い筋肉をつけることが重要です。特にバストを支えているメインの筋肉である「大胸筋」は、意識してトレーニングしなければ鍛えることができませんので、毎日継続してトレーニングを行なっていくことをおすすめします。

もちろん大胸筋だけではなく背筋や腹筋もトレーニングすることで、より垂れにくく若々しいバストを保つことができるようになります。バストは脂肪でできていますが、適度に筋肉がついていなければキレイに形作ることができません。筋肉は美しいバストにとって必要不可欠ですから、しっかり鍛えていくようにしましょう。

また、良い筋肉をつけるためには良質な「タンパク質」を摂取することも大切です。特に「動物性タンパク質」には筋肉や血液を作る働きがあることから、筋肉作りには欠かせない成分となっています。動物性タンパク質は肉や魚に多く含まれていますし、牛乳やチーズなどの乳製品にも豊富に含まれていることが特徴的です。

このような食材を普段の食事に取り入れながら筋肉をトレーニングすることで、よりトレーニングの効果が高まっていきます。もちろん、ただトレーニングをすることだけでも筋肉を鍛えることはできますし、動物性タンパク質を摂るだけでも良い筋肉を作るきっかけにはなりますが、食事と運動の相乗効果によってさらなるバストアップ効果を引き出すことができるようになりますので、ぜひ皆さんも食事に気を遣いながらトレーニングを行なってみてください。

ただし、動物性タンパク質が豊富に含まれている食材には、動物性の脂肪もたくさん含まれているため、摂取する量には十分に注意しておきましょう。脂肪分の多い肉や魚、カロリーの高い牛乳やチーズなどの乳製品は、摂りすぎるとかえってバストアップを妨げてしまう恐れもあります。私達には適度な脂肪分が必要ですが、脂肪分の摂りすぎは身体を太らせる原因となってしまいます。

中には「脂質を多く摂ればバストに脂肪をつけることができる」と考えている皆さんもいるかもしれませんが、これは大きな間違いです。確かにバストのほとんどは脂肪で構成されていますが、どれだけ脂質の多い食事を摂ってもバストだけに脂肪を行き渡らせることはできません。それどころか脂肪がついて欲しくない脚やウエストといった部位にたくさん脂肪がついてしまうことの方が多いので、脂肪分を摂りすぎることは避けるようにしましょう。

動物性タンパク質が豊富に含まれている食材をたくさん食べた後は、身体に脂肪が蓄積されないようしっかり運動をすることが大切です。バストアップ効果のある筋力トレーニングもその一貫ですので、食べたら運動をすることを心がけながらバストアップを目指していきましょう。また、同じタンパク質としては「植物性タンパク質」とのバランスを考えて摂取することもバストアップには最適となっています。

最も大切なのは毎日の食事、食材から栄養を摂ることを第一に考えて

「胸を大きくしたい!」と思う時、皆さんならまず初めにどのような行動を取るでしょうか?現在では様々なバストアップ方法がありますが、ついついサプリメントに頼ってしまう人も少なくないかと思います。近年、バストアップに効果があるということから様々な種類のサプリメントが販売されていますが、健康的にバストアップをしたいならサプリメントに頼ることはあまりおすすめできません。

サプリメントは栄養を補給するために使用されるものですが、決して食事の代わりにはならないものですので、まずはその点に注意しておいてください。人によっては食事をろくに摂らず、サプリメントだけ摂って栄養補給しているということもあるかと思いますが、サプリメントの栄養だけを摂っていてもキレイにバストアップすることはできません。それどころか健康状態にも悪影響が及びますので、体調不良や慢性疲労の原因にもなってしまいます。

サプリメントを絶対に摂ってはいけない、というわけではありませんが、あくまでも栄養補助として普段の食事で不足している栄養素を補うためだけに使うようにしましょう。
(⇒バストアップはサプリメントだけに頼らないで

健康や美容を維持するために最も大切なのは毎日の食事ですから、サプリメントに頼るのではなく、食材から栄養を摂ることを第一に考えるようにしてください。バストアップ効果のある栄養素は、様々な食材から直接摂ることができますので、バストアップ効果が期待できる栄養が豊富に含まれている食材を中心に、毎日の食事内容を見直していくと良いですね。

例えば「大豆イソフラボン」という成分は、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをしてくれる成分であることから、大豆イソフラボンが含まれている食材を食べることでバストアップ効果を得ることができる、と考えられています。大豆イソフラボンは豆腐や納豆、味噌といった大豆食品に含まれていることはもちろん、女性に人気の豆乳にも豊富に含まれています。毎日の食事に取り入れやすい食材が多いので、皆さんも毎日大豆イソフラボンを摂ってバストアップを目指していきましょう。

また「ボロン」と呼ばれる成分もエストロゲンの分泌を活性化させる効果があることから、バストアップ効果が期待できるとされています。ボロンが含まれている食材の中でも最も代表的なのがキャベツです。特に生のキャベツを食べることで、ボロンの成分を壊さず摂取することができますので、キャベツを食べる時にはできるだけ生の状態で食べるよう心がけてみてください。

そしてバストアップに欠かせないのが「タンパク質」です。大豆食品には「植物性タンパク質」が含まれていますが、バストアップには肉や魚、乳製品などに含まれている「動物性タンパク質」も必要とされています。植物性タンパク質には女性ホルモンを活性化させる効果が、動物性タンパク質には筋肉を作る働きがありますので、両方のタンパク質をバランス良く摂っていきましょう。

家事の合間やテレビを見ながら、ちょっとした時間でバストアップ

今よりも胸をもっと大きくしたい・・・と思っている女性はとても多く見られていますが、いざバストアップを始めるとなると、少し億劫に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?バストアップをするために何かを買わなければいけないとか、バストアップをするためには時間が必要だとか、こうしたちょっとした障害が邪魔をして億劫さを感じてしまっている人は珍しくありません。

しかし、バストアップをするためには何かをわざわざ買わなくても構いませんし、少しの時間を使ってできるバストアップ方法も多いので、それほど障害に感じる必要はないでしょう。バストアップ方法に対してもっと楽な気持ちで試してみると良いですね。それこそ家事の合間にもバストアップできますし、テレビを見ながらバストアップすることも可能です。

いつもの生活習慣の中にバストアップ運動を取り入れていくことだけで大きく変わりますので、ぜひ皆さんもちょっとした時間を使ってバストアップを始めてみてください。自宅でも簡単に始められるバストアップ方法には様々ありますから、自分に合った方法を選んで長く続けていくことを心がけてみると良いでしょう。

では、ここからはちょっとした時間を使ってできるバストアップ方法について紹介していきたいと思います。まず1つ目は、テレビを見ながらでもできる「バストアップ体操」です。バストアップには「大胸筋」を鍛えることが必要となりますが、大胸筋は何も使わずに鍛えることもできます。「鍛える」と言うととてもハードな筋トレをイメージする人が多いかもしれないですね。ですが、大胸筋を鍛えるための体操は何も使わず自分の腕だけでできる体操なので、テレビを見ながらでも簡単にできてしまうのです。

特に簡単な方法としては、両手を合わせて息を吐きながら力いっぱい押し合う、という方法です。大体8秒くらい押し合って息を吸ってまた押し合う、という体操を10回行なってみてください。この体操を行なうと二の腕にも力が入りますが、バストアップを目的としている場合は大胸筋に力を入れるよう意識して行なうと効果が高まります。

また、両手を組んで互いに力いっぱい引っ張り合う、という方法でも大胸筋を鍛えることができるので、皆さんもテレビを見ながらバストアップ体操を行なってみてはいかがでしょうか?

その他、家事の合間などは気持ちを落ち着かせるためにヨガを行なってみても良いですし、1日の終わりにお風呂に入りながらバストアップマッサージでリラックスしても良いでしょう。バストアップ方法には様々なものがあるので、わざわざ時間を割かなくても簡単に試すことができます。

もちろん、バストアップグッズを使ってバストアップを目指したい!という場合は、グッズの力を借りることでバストアップすることも可能です。ただお金をあまりかけたくない、という場合はこうした運動やマッサージでバストアップさせていくことをおすすめします。