バストアップ

豆腐に納豆、味噌など、大豆が使われている食品を食事に取り入れて

同じ女性でも、大きな胸の人を見かけるとどうしても見入ってしまうことがありますよね。「私もあんなふうに大きな胸になりたい」とか、「もっとキレイな形の胸にしたい」とか、自分のバストに対するコンプレックスをどうにかしたい!という気持ちになることも多いかと思います。

では、どうすればバストに対するコンプレックスを解消することができるのでしょうか?バストアップ方法には様々なものがありますが、まずは普段口にしている食品からバストアップする方法をおすすめします。

バストアップに最適な食品は色々ありますし、それぞれ実際にバストアップできる効果も期待できるものですが、特に有名な食品としては「大豆食品」が挙げられます。

大豆が使われている食品の中では、豆腐、納豆、味噌などが代表的で、これらの食品は私達が毎日のように口にしているものでもありますよね。納豆を毎日食べるという人もいれば、豆腐の入った味噌汁を毎日食べるという人もいることだと思います。実はこうした大豆食品の力で、バストアップに働きかけていくことができるのです。

大豆には「大豆イソフラボン」と呼ばれる成分が含まれていますが、この大豆イソフラボンは「植物性エストロゲン」とも呼ばれている成分で、女性ホルモンの「エストロゲン」と非常によく似た働きをしてくれる成分と考えられています。バストアップには女性ホルモンの活性化が重要とされていますので、大豆イソフラボンを摂ることで女性ホルモンが活性化された状態を作ることができ、結果的にバストアップ効果が期待できる、というわけです。

女性ホルモンは年齢と共に分泌力が低下し、それに伴ってバストにもハリがなくなって垂れてしまいますが、大豆イソフラボンを摂取することによって、若々しいバストラインを保つことができるようになるのです。最近バストが垂れてきた、バストの形が崩れてハリがなくなってきた、というような場合は、ぜひ大豆イソフラボンを摂取してみることをおすすめします。

大豆イソフラボンは大豆をはじめ、大豆が使われている食品にも含まれていますので、毎日納豆や豆腐を食べるとか、味噌を使った料理を食べるなど、日々の食事に大豆食品を積極的に取り入れてみてください。また、女性に人気の豆乳にも大豆イソフラボンは含まれていますから、豆乳から大豆イソフラボンを摂取してみても良いでしょう。

その他、近年ではサプリメントから大豆イソフラボンの成分を摂取する方法もありますが、何かにつけてサプリメントに頼ることはあまりおすすめできません。サプリメントは摂取する上で注意する点もありますので、サプリメントを摂る場合は十分に気をつけておくようにしましょう。

大豆イソフラボンが含まれている食品は食事に取り入れやすいものばかりなので、できれば食品から摂るよう心がけてみてください。大豆イソフラボンの力でバストアップを目指していきましょう。

施術を受ける前によく考えて!まずは豊胸手術の注意点をチェック

豊胸手術は以前から行なわれていましたが、近年では美容整形外科が増えてきたことや様々な施術法によってバストアップすることができるようになってきたことから、さらに人気が高まってきています。施術上の安全性も以前に増して高くなっているため、豊胸手術=怖いというよりも、気軽にバストアップできる方法の一つとして捉えている人も多いようです。

しかし、安全性が高いとは言え、美容整形外科で施術を受けることには変わりはありません。バストアップ施術に対する気軽さは増していますが、やはり施術に対する注意を怠ると危険性は高くなります。そこで、ここでは豊胸手術を受ける前に気をつけておきたい様々な注意点について確認していきたいと思います。豊胸手術は主に美容整形外科で受けることになりますので、まずは美容整形外科クリニックを選ぶ際の注意点について見ていきましょう。

皆さんの自宅近隣にも美容整形外科クリニックはあるかと思いますが、クリニックを選ぶ際の注意点としては「技術力」や「信頼性」が重要となっています。豊胸手術を受けるにあたって、医師による施術の技術力が高くなければ自然なバストアップは望めませんし、施術が失敗してしまう恐れも考えられるので、安心して任せられるクリニックを選ぶためには技術力は必要不可欠です。

さらに技術力に加えて信頼性も高いクリニックであれば、施術前のカウンセリングから施術後のアフターケアまでしっかりサポートしてもらうことができます。豊胸手術を成功させるためには患者である皆さんと医師との信頼関係が大切ですから、まずは技術力があり信頼性の高い医師のいるクリニックを選ぶようにしましょう。

また、医師の技術力に伴った施術を受けることができるのか、施術と見合った料金でバストアップすることができるのか、という点についてもチェックしておくことが必要です。豊胸手術の施術料金はクリニックごとにも異なりますし、施術方法によっても差が現れるものです。

設定されている料金と内容のバランスが取れていないような場合は信頼性も低いので、皆さん自身が納得できないような施術料金と施術内容である場合は、カウンセリングの時点で施術を受けることをやめるよう考えてみることをおすすめします。カウンセリングはどのクリニックでも必ず行なわれますので、カウンセリングをどれだけ丁寧に行なってくれるか、という点についてもよく確認しておくと良いでしょう。

施術の内容、過程、アフターケアなど豊胸手術を受けるにあたって不安な点や疑問点などがあれば、カウンセリングの際に医師に確認を取っておくようにしてください。不安な状態のまま豊胸手術を受けることのないよう、必ずカウンセリングの段階で問題は解決しておくように心がけましょう。このように、豊胸手術を受けるためには注意しておくべき点がありますので、あらかじめチェックした上で施術を受けることを決めるようにしてください。

疲れている時にはやらない!無理なバストアップ運動はしないように

バストアップ運動を始めるにあたって、継続して行なっていくことは非常に大切なことです。三日坊主で終わらせてしまっては、十分な効果が現われることなく、バストアップの結果を残すこともできません。理想的なバストになりたいのであれば、まずは長く続けていくことを心がけていくようにしましょう。

しかし、身体が疲れているなどすぐにでも休んだような方が良い場合には、無理してバストアップ運動を行なう必要はありません。バストアップ運動には様々なものがあり、筋力トレーニングを主に行なっている人もいれば、ヨガなどで全身のバランスを整えながらバストアップを目指している人も多いかと思いますが、このようなバストアップ運動は身体が疲れている時に無理して行なっても効果が現れるわけではないのです。身体にはさらに負担がかかってしまいますし、疲れが増幅されることによるストレスが現ることもありますから、とてもバストアップするどころでありません。

「毎日バストアップ運動をする!」という心がけは大切なのですが、わざわざ疲れている身体で運動を行なう必要はないので、皆さんも疲れている時は絶対に無理をしないように注意してくださいね。週に1、2回くらいは定期的に運動を休むこともまた効果的ですから、時々休むことも意識してみると良いでしょう。

その代わり、バストアップ運動をする予定だった時間を他のバストアップ方法に充ててみることをおすすめします。バストアップ方法には色々なものがあるので、身体が疲れている時には筋力トレーニングやヨガといった身体を動かす方法ではなく、心もリラックスできるようなバストアップ方法を取り入れてみてください。

例えば「バストアップマッサージ」は、バストをマッサージしながら血行を良くしていくことができるので、身体の冷えも改善できてリラックスすることができます。好きな人にマッサージをしてもらうことでもよりリラックス効果が高くなりますし、女性ホルモンも活性化されるのでバストアップ効果を高めたい時にもぴったりの方法となっています。皆さんも恋人や夫など好きな人にバストアップマッサージをしてくれるよう、お願いしてみてはいかがでしょうか?

また、マッサージと併せて「ツボ押し」も行なうことでもバストアップに働きかけていくことができます。人間の身体には様々な効果を発揮するツボがありますが、女性ホルモンの分泌を促したり、乳腺を発達させたりする効果のあるツボもあるため、ツボを刺激することでバストアップが期待できると考えられています。

バストアップに効果的なツボの中には、疲れやストレスに効くツボもありますので、身体が疲れている時はツボを刺激してリラックスしてみると良いでしょう。ツボ押しはお風呂に入っている時になど、身体が温まっている状態で行なうとより効果が上がります。入浴中にリラックスしながらバストアップしてみてください。