バストアップ

未成年でもエステを受けられるの?エステサロンによっては年齢制限が

キレイになりたい気持ちは、女性なら年齢など関係なく誰にでもあるものですよね。年齢を重ねてもキレイでいたいという人もいれば、若いうちから美容に対する意識が高く、様々な美容方法を試している人も多く見られています。中には未成年のうちから「エステに通いたい!」という皆さんも少なくありませんが、実際に未成年でもエステを受けることはできるのでしょうか?

この問題についてはエステサロンによって異なる部分が多くあり、一概には言えないところがあるものの、一般的にはエステを受けられるのは18歳以上や20歳以上など、年齢制限が設けられている場合がほとんどとなっています。これはバストアップエステに限らず、フェイシャルエステやボディケアのエステ、脱毛エステなども同様です。稀にエステコースによっては年齢は関係なく受けられるサロンもあるようですが、年齢制限があるサロンの方が圧倒的に多く見られています。

ちなみに20歳以下の場合は親がサロンまで同伴するか、親の同意書をサロン側に提出した上でエステを受けることが義務づけられている場合がほとんどであるため、自分の判断だけでエステを受けることはできなくなっています。その他、18歳でも高校生の場合はエステを受けることができない場合もありますし、18歳ならば高校生でもエステを受けることができるサロンもあるため、エステを受けたいと思っている未成年の皆さんは、あらかじめサロンへ問い合わせておくことをおすすめします。

もちろんエステを受けることを親に相談しておくことも必須です。親に黙ってエステを受けたい、という皆さんが多いかと思いますが、未成年がエステを受けるためには上で説明したように親の承諾が必要となっています。勝手にエステを受けようと思っても、未成年である場合はエステを受けることはできませんので、十分に注意しておきましょう。

また、未成年でも簡単にエステを受けられるようなサロンは危険ですから、そのようなサロンを利用することはおすすめできません。未成年の場合は金銭的にも余裕がありませんし、エステを受けるための施術料金についても安く設定されているサロンを選びがちですが、あまりに安すぎる施術料金のサロンは信頼性が低く、安全にエステが受けられるとは言い切れません。

エステを受けるためにはサロン側の信頼性が高いことに注目することが大切なので、もし未成年の皆さんがエステを受けたいという場合には、様々なサロンの施術料金を親と一緒に比較してよく検討してから選ぶようにしてください。

このように、エステは未成年でも18歳以上ならば受けられる場合がありますが、必ず親の承諾を得てからエステを受けるようにしましょう。ただ未成年の場合はまだ成長過程にあるため、エステに通うよりも普段の食生活を見直したり、運動をして筋力をつけたり、十分に睡眠を取ったり、生活習慣を見直すことを第一に考えることをおすすめします。

筋トレでバストを支える筋肉の強化 バストアップ効果を実感しよう!

バストのきれいな女性の多くが筋トレを行っています。美バストとしてもてはやされる女性タレントがそのトレーニング方法を記した本を発売したりしているのがいい例です。地球には重力があり、何もしなければ胸はだんだん下へ下へと下がっていってしまいます。胸が崩れるのを防ぐためには重力に対抗するための筋肉が必要です。バストアップのためのマッサージや食生活に加えて絶対に外せないのはバストアップのためのエクササイズです。

バストアップのための筋トレの方法に関する書物は多く販売されていますが、基本的なエクササイズをまず日常生活に取り入れてみましょう。誰でもすぐにできる運動といえば腕立て伏せです。腕立て伏せを続けることで胸を支える筋肉、大胸筋を鍛えることができます。ただ注意しなければならないのは決してやりすぎないということ。やりすぎると筋肉が硬くなってしまい、ボディビルダーのようになってしまいます。また腕立て伏せといっても結構ハードな動きなので最初は無理をせず自分のペースで続けることが大切です。腕立て伏せが厳しいようでしたら、壁に向かって両腕を押し当て直立のまま腕立て伏せと同じ運動を行うのもいいでしょう。こちらは腕立て伏せよりはハードルは高くないはずです。

次に直立したまま合掌のポーズをとってください。両手をお互いに押すようにして力を入れます。深呼吸して15秒。これを1日2-3回繰り返します。こうすることで胸の筋肉が鍛えられ、ほかのエクササイズの土台となります。

胸を鍛えるエクササイズはこのように呼吸を整えながらゆっくりと行うもので、一度に何度も行うのではなく、決められた回数を毎日続けることが大切です。

その他にもタオルを使ったエクササイズもあります。足を開いてタオルを両手で持ちゆっくり肘を伸ばします。それをゆっくり肩の高さまであげ、そのまま頭の後ろへ持って行きます。ゆっくり息を吐きながらこれらの動きを繰り返しおこなうことで大胸筋が鍛えられます。またエクササイズのあとにマッサージを行い凝った筋肉をほぐすとともにリンパや血液の流れをよくすることでバストアップの効果が増します。このように筋トレとマッサージを根気よく続けるけることでバストアップ効果が徐々にあらわれ、理想のバストへと近づいていくことでしょう。

正しいバストアップマッサージで理想のバストを手に入れよう

美しいバストは女性にとって永遠の憧れです。最近は真冬でもコートの下は薄着ということが多いので、一年中バストケアに余念がありません。バストアップに効果的なエクササイズやマッサージ、食事法など巷には情報があふれています。人気の女性タレントがボディメイキングの本を出版したり、女性雑誌が特集を組んだりします。中でも自宅でできるバストマッサージは手軽にできるバストアップ法として実践している人が多いのではないでしょうか。

バストアップマッサージとはどのようなものでしょうか。肌を傷めないためにもマッサージクリームやオイルを使用するのがいいでしょう。マッサージの前に蒸しタオルでバスト全体を温めてから行うのも効果的です。まずバストを手の平全体で包み込むようにして、少し力を入れます。数秒間そのままでバストを温めるようにしてください。次に片方の手をバストの下に、もう片方の手をバストの上に置き、下の手は左から右へ、上の手は右から左へマッサージしてください。また下から上へ八の字にマッサージするのもいいでしょう。鎖骨に手を当て脂肪が動くくらいの力でぐっと押します。数秒間そのままでいてください。乳腺の発達には両手でバストの輪郭をなぞりながら押し上げるようにします。指がぶつかったら手を離します。

バストアップのマッサージには様々なやり方がありますが、一貫して言えるのは決してもんだり、強い力を入れてはいけないということです。押したり、さすったりという胸の筋肉や肌に刺激を与えない動きでマッサージを繰り返します。またマッサージを行う方向がとても大切なので間違いないようにしましょう。マッサージすることによりリンパと血液の流れが促進され、肌にハリとうるおいを与えてくれます。バストアップのマッサージではバストだけではなく鎖骨、脇、背中やウエストのマッサージも同時に行うことでより効果を実感することができます。また入浴中は新陳代謝が活発になりますのでお風呂でのマッサージもおすすめです。