バストアップ施術の失敗例

手術が失敗することはあるの?バストアップ施術を受ける際の安全面

どんな手術にも失敗するリスクはありますが、それは豊胸手術にも同様に言えることです。手術のリスクは以前よりも技術力が高くなった現在でも拭いきれないものですので、これから豊胸手術を受けたいと考えている皆さんは、失敗する恐れもあるということを十分に認識した上で手術を受けるようにしてください。

近年ではバストアップ方法の一つとして気軽に受けられるイメージとなっている豊胸手術ですが、手術によってバストの形や大きさを変えることになるので、イメージ重視で豊胸手術を選ぶのではなく、安全面についてもよく考えてから手術を受けることを決めるようにしましょう。

豊胸手術の失敗例としては、特に「シリコンバッグ」を利用したバストアップ施術が多く挙げられています。シリコンバッグは一般的な豊胸手術で用いられる施術法ですが、施術を受けてから数年後に突然シリコンバッグが破裂してしまったり、バッグ自体が縮んで小さくなってしまったりすることから、バストの大きさに変化が現れてしまうという失敗例が実際に見られています。

もちろん、近年では豊胸手術の技術力も上がっていますし、シリコンバッグの性能も高くなってきているため、こうしたケースも少なくなってきてはいます。しかし、以前から利用されてきているタイプのシリコンバッグの場合は、シリコンバッグを挿入したバストに違和感を覚えたり、痛みを感じたりする場合もあるため、もし手術後のバストに少しでも変化が現れたらすぐに医師に診てもらうようにしてください。決して放っておくことはせず、できるだけ早めに相談するようにしましょう。

このように、豊胸手術では失敗してしまうケースもありますので、特にシリコンバッグを使用したバストアップ施術を受ける場合は医師とよく相談し、自分自身が納得した上で施術を受けるようにしてください。また、最近ではシリコンバッグを使用した施術法以外にも様々な豊胸手術が人気となってきています。

例えば「ヒアルロン酸注入法」と呼ばれる施術法では、バストにヒアルロン酸を注入することでバスト全体をボリュームアップさせていくことができるようになっています。私達の体内にも存在しているヒアルロン酸をバストに注入するので、安全面を重視した豊胸手術が受けたいという皆さんにはおすすめの施術法となっています。

ただし、バストに注入されたヒアルロン酸は徐々に体内に浸透していってしまうため、バストアップ効果が永久的に続くわけではありません。バストアップしたバストを保つためには、ヒアルロン酸注入法を定期的に受ける必要がありますので、あらかじめ施術料金についても確認しておくことをおすすめします。

施術料金についての問題はヒアルロン酸注入法だけではなく、どんな施術法にも言えることです。豊胸手術はタダで受けることはできませんから、料金についてもよく考慮した上で施術を受けるようにしましょう。