手術以外でバストを大きくするためには

豊胸手術はちょっと不安・・・手術以外でバストを大きくするには

近年ではバストアップ方法の一つとして「豊胸手術」が人気となっています。豊胸手術と一口に言っても施術法は様々あり、それぞれの施術法ではバストアップ効果も施術後の仕上がりも施術料金も異なります。

特に最近人気となっているのは「ヒアルロン酸」を利用したバストアップ施術で、バストにヒアルロン酸を注入することで大体1カップ程度バストアップすることができるようになっています。ヒアルロン酸は元々私達の体内にある成分ですので、バストに注入しても問題のない成分です。そのため安全性の高い豊胸手術としても知られており、人気が高まってきているようです。

ただし、バストに注入されたヒアルロン酸は徐々に体内へ浸透していき、吸収されていきます。吸収されたヒアルロン酸はバストに残ったままの状態にはなりませんから、バストは施術を受ける前の大きさに戻ってしまいます。ヒアルロン酸注入法は安全に受けられる施術法ではありますが、バストアップしたバストの大きさや形を長く保っていくためには、定期的にヒアルロン酸をバストに注入しなければならないため、金銭面には十分に注意した上で施術を受けるようにしてください。

その他にも、豊胸手術の方法としては「脂肪注入法」なども多くのクリニックで用いられている施術法となっています。これはお腹や太もも、ふくらはぎ、背中、頬などの脂肪がつきやすい部位から脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入することでバストアップしていく施術法で、気になる部位をダイエットしながらバストアップできる点が大きな特徴となっています。

自分の脂肪を施術に用いることになりますし、技術によって脂肪の定着率も高くなってきているため、この施術法もまた安全性は高いと考えられています。

このように、近年人気となっている豊胸手術の方法は安全性もしっかり考えられてはいるのですが、やはり中には「豊胸手術を受けるのは不安」とか「手術は怖い」と感じている皆さんも多いのではないでしょうか?どのような手術についても言えることですが、豊胸手術には失敗例もあるため、自分の手術も失敗したらどうしよう・・・と思ってしまう人も少なくないかと思います。

そのような場合は無理して豊胸手術を受けようとはせず、自分ができるバストアップ方法から試してみることをおすすめします。豊胸手術以外にもバストアップに効果的な方法は様々ありますから、手術を受けることに対して不安を感じている皆さんは、手術以外の方法でバストを大きくしていくことを目指していきましょう。

例えば、バストアップマッサージでバスト周りの血行を促進してみたり、バストアップトレーニングで大胸筋を鍛えてみたり、食事からバストアップに効果的な栄養素を積極的に摂ってみたり、自分が今できることから始めてみてください。豊胸手術を受けようと思っている皆さんもこうしたことから試してみて、様子を見てみると良いでしょう。