豊胸手術について

記事一覧

豊胸手術はちょっと不安・・・手術以外でバストを大きくするには

近年ではバストアップ方法の一つとして「豊胸手術」が人気となっています。豊胸手術と一口に言っても施術法は様々あり、それぞれの施術法ではバストアップ効果も施術後の仕上がりも施術料金も異なります。

特に最近人気となっているのは「ヒアルロン酸」を利用したバストアップ施術で、バストにヒアルロン酸を注入することで大体1カップ程度バストアップすることができるようになっています。ヒアルロン酸は元々私達の体内にある成分ですので、バストに注入しても問題のない成分です。そのため安全性の高い豊胸手術としても知られており、人気が高まってきているようです。

ただし、バストに注入されたヒアルロン酸は徐々に体内へ浸透していき、吸収されていきます。吸収されたヒアルロン酸はバストに残ったままの状態にはなりませんから、バストは施術を受ける前の大きさに戻ってしまいます。ヒアルロン酸注入法は安全に受けられる施術法ではありますが、バストアップしたバストの大きさや形を長く保っていくためには、定期的にヒアルロン酸をバストに注入しなければならないため、金銭面には十分に注意した上で施術を受けるようにしてください。

その他にも、豊胸手術の方法としては「脂肪注入法」なども多くのクリニックで用いられている施術法となっています。これはお腹や太もも、ふくらはぎ、背中、頬などの脂肪がつきやすい部位から脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入することでバストアップしていく施術法で、気になる部位をダイエットしながらバストアップできる点が大きな特徴となっています。

自分の脂肪を施術に用いることになりますし、技術によって脂肪の定着率も高くなってきているため、この施術法もまた安全性は高いと考えられています。

このように、近年人気となっている豊胸手術の方法は安全性もしっかり考えられてはいるのですが、やはり中には「豊胸手術を受けるのは不安」とか「手術は怖い」と感じている皆さんも多いのではないでしょうか?どのような手術についても言えることですが、豊胸手術には失敗例もあるため、自分の手術も失敗したらどうしよう・・・と思ってしまう人も少なくないかと思います。

そのような場合は無理して豊胸手術を受けようとはせず、自分ができるバストアップ方法から試してみることをおすすめします。豊胸手術以外にもバストアップに効果的な方法は様々ありますから、手術を受けることに対して不安を感じている皆さんは、手術以外の方法でバストを大きくしていくことを目指していきましょう。

例えば、バストアップマッサージでバスト周りの血行を促進してみたり、バストアップトレーニングで大胸筋を鍛えてみたり、食事からバストアップに効果的な栄養素を積極的に摂ってみたり、自分が今できることから始めてみてください。豊胸手術を受けようと思っている皆さんもこうしたことから試してみて、様子を見てみると良いでしょう。

技術だけじゃない!豊胸手術の成功率には手術後のケアも大きな関係が

現在、日本で行なわれている豊胸手術は成功する例もあれば失敗してしまう例も見られています。どんな手術にも失敗してしまうリスクというものはあるものですが、それは豊胸手術においても同様に言えることでもあります。これから豊胸手術を受けようと考えている皆さんは、手術を受けるにあたってリスクは避けられないことを十分理解した上で手術を受けることを決めるよう注意するようにしましょう。

近年では豊胸手術を受けられる美容整形外科も増えてきていますし、以前よりもバストアップ施術の方法も様々なものがあるため、気軽に簡単に手術を受けられるようなイメージがついていますが、豊胸手術も手術の一貫ですので失敗してしまう恐れもあるものなのです。

最近では特に人気となっている「ヒアルロン酸」を利用したバストアップ施術も、安全性が高いことが特徴的ではあるものの、手術後にしっかりアフターケアを行なわなければバストの形をキレイに保つことができなくなってしまったり、見た目も感触も不自然なバストになってしまうこともあります。豊胸手術を成功させるためには、手術を施す医師の技術ももちろん重要なのですが、手術を受ける側である皆さんのアフターケアも豊胸手術の成功に大きく関わっているというわけですね。

そのため、もし豊胸手術自体に成功していたとしても、アフターケアがしっかり行なわれていないとバストアップに成功した、とは言えない状態になってしまうことも少なくありません。先ほど挙げたヒアルロン酸を利用したバストアップ施術だけではなく、自分の脂肪を利用した「脂肪注入法」による施術もそうですし、一般的な豊胸手術の施術である「シリコンバッグ」をバストに挿入する施術法もアフターケアは大変重要なものとなっています。

特にシリコンバッグを入れたバストはアフターケア無しではキレイな形を保つことができませんし、バストをしっかりマッサージしておかなければバスト全体が硬くなって張ってしまうこともあります。人によって症状は異なるものの、豊胸手術を受けたバストは手術を受ける以前よりも念入りなケアが必要となります。

豊胸手術を行なっている美容整形外科でもアフターケアとしてバストマッサージは行なわれますし、皆さん自身も自宅でセルフケアを行なうよう医師から指示されることになりますから、豊胸手術後はバストを美しく保つためにも絶対にケアを怠らないようにしましょう。

このように、豊胸手術の成功率は手術の技術だけではなく、美容整形外科によるアフターケアや皆さんのセルフケアも関係していますので、現在何らかのバストアップ施術を受けようと思っている皆さんは、ただ手術を受けることだけを考えるのではなく、アフターケアのことまで考えた上で豊胸手術を受けるようにしてください。そのためにも美容整形外科の選び方には十分に注意し、信頼して施術を任せられるクリニックを選ぶようにしましょう。

豊胸手術後のアフターケアや自宅でのセルフケアは絶対に怠らないで

女性らしさを感じさせる大きなバストは、多くの女性の憧れでもあります。その憧れを追い求めるために豊胸手術を受ける女性も多く、実際に手術に成功して魅力的なバストを手に入れた人も少なくありません。豊胸手術を受けたことによって、憧れていた大きなバストを手に入れられたという喜びはとても大きなものですし、誰かに自慢したいという気持ちになる人も多いことかと思いますが、実は豊胸手術後のアフターケアは大変なものでもあります。

豊胸手術を受けたらそのままでOKというわけではなく、アフターケアを行なわないとバストを美しい形でキープすることができなくなってしまいます。手術を受ける前以上にバストに気を遣わなければならないことになりますので、これから豊胸手術でバストアップをしようと考えている皆さんは、アフターケアの方法までしっかり理解してから手術を受けることをおすすめします。

では、豊胸手術後にはどのようなアフターケアが行なわれているのでしょうか?豊胸手術が行なわれている美容整形外科クリニックでは、アフターケアも含めた施術料金でバストアップ施術が受けられるところが多いため、豊胸手術後には自然にアフターケアの流れに入っていく場合がほとんどです。

ただし、中にはアフターケアの料金は別料金となっているクリニックもあるので、この点についてはクリニックに豊胸手術を受ける旨について相談した際に確認しておくとか、カウンセリング時に確認をとっておくなど、あらかじめ注意しておくようにしましょう。

クリニックで行なわれるアフターケアの方法としては、バストマッサージや超音波によるケアなどが一般的となっています。バストマッサージは豊胸手術後のバストの形をキレイに保つために必要なケアなので、しっかり受けてバストの形を美しくキープしていきましょう。

こうしたアフターケアを行なってくれるクリニックであれば信頼性も高いので、手術後まで安心して任せることができます。豊胸手術は施術の技術はもちろん、アフターケアも重要となっていますから、クリニックを選ぶ際にはアフターケアまでしっかり行なってくれるクリニックを選ぶように意識してみると良いでしょう。

また、丁寧なアフターケアを行なっているクリニックでは、皆さん自身が行なうセルフケアの方法についても詳しく説明していますので、自宅でセルフケアを行なう場合も心配いりません。主に豊胸後のバストマッサージや日常生活における注意点、衛生上の注意点などの説明を受けることになりますが、バストマッサージなどは特に念入りに行なう必要がありますので、面倒がらずしっかり行なうようにしましょう。

クリニックでのアフターケアと自宅でのセルフケアを行なう上で、色々と大変に感じることもあるかと思いますが、アフターケアやセルフケアも豊胸手術の一貫です。バストをキープするためにもケアは怠らないようにしてくださいね。

<1 2 3 4 5 >