豊胸手術について

記事一覧

気になる部位の脂肪でバストアップ「脂肪注入法」でボリュームを

「下半身は太っているのに胸は痩せている・・・」というコンプレックスを抱えている女性は非常に多く見られています。いわゆる「洋梨型」と呼ばれる体型で、上半身は痩せているのに下半身は太っている状態であることからバランスの悪いスタイルに見られてしまうことも少なくありません。

特におしりが大きく脚が太い、さらにバストが小さい、といった体型が代表的で、日本人女性にはありがちな体型とも言われています。このような体型の場合は下半身に脂肪がつきやすくなっていることから、下半身ばかりが太ってしまい、下腹やおしり、脚に脂肪がたっぷりついてしまっている状態になっています。

こうしてあまりに下半身ばかりに脂肪がつくようになると「この脂肪がバストについたらいいのに・・・」と思ってしまうこともありますよね。下半身の脂肪をバストに、という夢は不可能なように感じますが、美容整形では気になる部位の脂肪を使ったバストアップ施術も受けることができるようになっています。

これは「脂肪注入法」と呼ばれるバストアップ施術で、豊胸手術の一つとして多くの美容整形外科で行なわれています。自分の体内から脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入することでバストアップできる方法です。例えば下半身が気になるようであれば、太ももやおしりから脂肪を吸引し、バストにその脂肪を注入すればバストアップができてしまうというわけです。

もちろん下半身だけではなく、二の腕や背中、顔など脂肪がつきやすい部位であれば脂肪を吸引することができるので、まずは脂肪を吸引したい部位について医師によく相談してみると良いでしょう。脂肪を吸引した部位には脂肪が少なくなりますから、バストアップと共にダイエット効果も期待できる施術法となっています。

また、自分の脂肪を使ったバストアップなのでバストの触り心地も自然な柔らかさに仕上がることが特徴的ですし、近年では技術の向上から脂肪の定着率も高まっています。人気のバストアップ法であるヒアルロン酸注入と同様、安全性の高い豊胸手術となっていますので、興味のある皆さんはまず美容整形外科でカウンセリングを受けることから始めてみてください。

ただし、豊胸手術を受けるためには比較的高い料金がかかりますから、金銭面についてもよく考えてから受けることをおすすめします。現在では自宅でも手軽にできるバストアップ方法もありますし、美容整形を受けるほどでもないバストの場合は栄養バランスの取れた食事を摂ることや、適度な運動を行なって筋力をつけるなど、普段の生活習慣に対して少し気を遣うだけでもバストアップ効果を得ることができます。

豊胸手術は決して簡単な気持ちで受けられるものではありませんので、施術内容から施術料金、皆さんが施術を受けるクリニックや医師の技術や信頼性施術後のアフターケアなど様々な面を考慮した上でバストアップ施術を受けるようにしましょう。

触ればすぐに分かる?男性から見た豊胸手術を受けたバストの印象

バストが持つ魅力は決して大きさだけではありません。キレイな形をキープしていることも大事ですし、バストを触った時に感じる独特の柔らかさもバストの特徴です。どんなに大きなバストでも形が崩れていたら美しいバストとは言えませんし、バストの感触が硬かったらどこか残念に思ってしまいますよね。特にバストの柔らかさは自然に現れているものなので、自然体のバストと豊胸手術を受けたバストとでは感触に差があります。

近年では「ヒアルロン酸注入法」や「脂肪注入法」といったように、比較的バストの柔らかさを自然に保つことのできる施術法が人気となっているため、豊胸手術を受けたバストでも自然な柔らかさを感じる場合もありますが、これまで一般的に行なわれてきた「シリコンバッグ」を使用した豊胸手術の場合は、しっかりバストマッサージを行なわないとバスト全体が硬くなってしまい、とても自然体な柔らかさを保つことはできなくなってしまいます。

バストマッサージは豊胸手術のアフターケアとして必要なものなので、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法によって施術を受けた場合にも行なわなければならないのですが、シリコンバッグの場合はバストに異物を挿入しているため、放っておくとバスト全体が固まってパンパンに張ってしまうことがあります。

このような状態ではお世辞にも柔らかいバストとは言えませんし、触ってみるとすぐに豊胸手術をしたことが分かってしまいます。女性である自分にはもちろんのこと、皆さんの恋人や夫などの男性が触ってみても、バストの柔らかさには違いがあると分かってしまうこともあるので注意が必要です。

豊胸手術をしたことを誰にも話していないような場合は「手術を受けたことがバレたら困る・・・」と思っている皆さんも多いかと思います。友人には言えても恋人には言えない、と思っている人も珍しくないので、バストを触らせることについ抵抗を感じてしまうこともあるのではないでしょうか?

男性はバストの大きさだけを重視していると考えている女性は多いかもしれませんが、大きさよりも形や感触を重視している男性も多く見られているため、バストを大きくすることだけを目標に豊胸手術を受けるのであれば、少し時間を置いて考えてみることもおすすめです。豊胸手術をしてバストにボリュームが出ても、見た目だけではバストの魅力全てを出し切ることはできません。

女性らしいバストにはキレイな形も柔らかい感触も大切なので、ただ大きくするよりもバスト本来の柔らかさを保っておきたい、と考えている皆さんは、豊胸手術を受けるのではなく、食事や運動といった普段の生活習慣から得られるバストアップ効果を頼りにしてみてはいかがでしょうか?豊胸手術だけがバストアップ方法ではありませんし、大きなだけがバストでもありません。手術を受けることに迷ったら、女性のバストが持つ魅力をもう一度よく考えてみると良いでしょう。

各クリニックで募集している「バストアップモニター」もおすすめ

雑誌の広告やテレビCMなどで、バストアップに成功した人の写真を見かけることがありますよね。これは「バストアップモニター」と呼ばれる人達のことで、各美容整形外科クリニックが募集しているモニターとして、バストアップ施術を受ける前と施術を受けた後の写真を掲載することとなっているのです。

各クリニックが新しい施術法を試してみたり、技術の精度を試してみたり、またはクリニック自体の宣伝としてバストアップモニターを募集し、通常よりも安い料金で豊胸手術を受けられることを条件に写真の掲載や手術後の経過などをチェックされるようになっています。

モニターを募集しているクリニックは多く見られていますが、モニターに募集する利用者も多く、たくさんの人がバストアップモニターになれるわけではありません。クリニックによっても募集人数は異なりますし、モニターを募集していないクリニックもありますから、バストアップモニターになりたい!という皆さんは、できるだけ多くの美容整形外科クリニックを調べて、モニター募集をしているかどうかを問い合わせてみましょう。

バストアップモニターになることで、通常よりも安い料金でバストアップ施術を受けることができるようになるため、金銭面ではとてもお得となっていることが特徴的です。豊胸手術は施術法によっても料金がそれぞれ異なりますが、何十万単位の料金設定となっているクリニックがほとんどです。

例えば「ヒアルロン酸」を注入することによるバストアップ方法は、約50万円程度の料金設定が一般的となっています。ヒアルロン酸注入法は近年人気のバストアップ施術ですが、1回で50万円程度かかる上、ヒアルロン酸がバストから体内に吸収されてしまった場合は、バストの形をキープするために再度施術を受ける必要があります。

するとさらに50万円かかり、またヒアルロン酸が吸収されてしまったらさらに50万円、といったようにバストの形を美しい状態のままキープするためにはたくさんのお金が必要となるのです。バストアップモニターの場合は、こうした一般的な施術料金よりも安く施術を受けられる点が大きなメリットとなっていますので、豊胸手術を受けるにあたって料金が気になっている皆さんは、ぜひバストアップモニターに募集してみてはいかがでしょうか?
(⇒豊胸手術の一般的な手術料金について

ただし、先ほども説明したようにバストアップモニターとなった場合には、ただバストアップ施術を受けるだけではなく、広告などに掲載させる写真やバストアップ施術の経過なども細かくチェックされることになります。

クリニックの宣伝も兼ねているため、クリニック側から提示された条件にOKできなければモニターになれない場合もありますので、モニターになるための条件はあらかじめチェックしておくことをおすすめします。もしクリニック側の条件に納得できないような場合は、バストアップモニターは辞めておいた方が良いでしょう。

<1 2 3 4 5