豊胸手術を受けた後のバストの柔らかさ

豊胸後のバストの柔らかさ、施術法によってはバストが硬くなることも

ハリのある若々しいバストは、多くの女性の憧れでもあります。自分のバストに自信がない・・・という女性は少なくないため、バストアップをするために豊胸手術を受ける女性も増えてきているようです。豊胸手術は以前からも女性に利用されていましたが、近年では様々なバストアップ施術が受けられるようになってきたことから、より豊胸手術の人気が高まってきているようです。

中でも「ヒアルロン酸注入法」や「脂肪注入法」による豊胸手術は人気の施術法となっています。安全性も高く、施術後のバストの柔らかさも自然であることから、豊胸手術を受ける場合はヒアルロン酸や脂肪を注入することによる施術法を選ぶ人が増えてきていると見られています。

ヒアルロン酸注入法については、体内にも存在しているヒアルロン酸を用いたバストアップ方法であるため、安全面も考慮されていますし、シリコンバッグのように異物をバストに挿入するような施術法ではないため、施術後のバストの違和感なども現れにくくなっています。

また、脂肪注入法は自分の脂肪をバストに注入することによって、バストを全体的にボリュームアップさせていくことができる施術法となっていますので、施術後のバストの柔らかさはとても自然です。バストに注入する脂肪は、皆さん自身の脂肪がつきやすい部位、例えば太ももやふくらはぎ、お腹といった部位から吸引した脂肪を利用することになります。自分の身体から吸引した脂肪をバストに注入するため、バストの柔らかさも脂肪そのままなので、違和感なくバストアップできると考えられているのです。

脂肪注入法によるバストアップ施術も技術が高くなってきていることから、脂肪の定着率も上がり、より安全に施術を受けられるようになってきています。豊胸手術に興味のある皆さんは、まずはこうした施術法について各クリニックの医師に相談してみるようにしましょう。皆さんに合った施術法を受けることがベストなので、細かい部分まで医師と相談して納得してから豊胸手術を受けるようにしてくださいね。

施術法によっては豊胸後のバストが硬くなってしまうこともありますから、施術法は慎重に選ぶようにしましょう。特に以前から利用されているシリコンバッグをバストに挿入する施術法は、しっかりマッサージを行なわないとバスト全体が硬くなってしまい、パンパンに張ってしまう場合があるので注意が必要です。

もちろん、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法によるバストアップ施術を受けた際にも、アフターケアとしてバストマッサージは必須ですが、シリコンバッグによるバストアップ施術は異物をバストに入れていることになるので、より念入りにマッサージを行なわないとバスト全体の柔からさを保つことはできません。豊胸後のバストは男性から見ても分かってしまう場合がありますから、バスト特有の柔らかさの面も考慮した上で豊胸手術を受けるようにしましょう。